すぐに始めることで、次にやることが浮かんでくる。【小さな成長1273】

スポンサーリンク

アイデアは、動いているうちに考えましょう。

アイデアに困ったら、動きましょう。

動いているときに、メモをとりましょう。

動きだして、何でもいいから、メモを書き始めてみることです。

メモを書いているうちに頭にアイデアが浮かんできます。

浮かんできたことを、手をとめずに書いていくことです。

始めることで、アイデアが浮かんでくるのです。

メモを書き始めることが、大事です。

浮かんできたことを、いいも悪いも関係なく書いていくことです。

頭の中で考えているだけでは、先に進みません。

始めてみましょう。

毎日の生活は、始めることが大切です。

朝目が覚めたときも、ベッドからすぐに出ることです。

返事もすぐにすることです。

必要なものは、すぐにインターネットで注文することです。

本はすぐに読んで、映画も仕事帰りにすぐに観にいくことです。

「どうしようかな」と迷う前に、すぐに始めましょう。

悩みは、もっと大きなことです。

大きな悩みは、解決するのに時間がかかります。

月ごと年ごとに解決していかないといけません。

大きなことは、具体的に動いていかないといけないから、分かりやすいです。

分かりにくいのが、小さなことです。

明日でもできることをできるだけ今日のうちに終わらせましょう。

眠くてどうにもならないときには、一度寝て、起きたらすぐに始めましょう。

目の前のことをできるだけすぐに始めることで、今日やることが見えてくるのです。

■成長するために<1273>
すぐにできることは、できるだけすぐにやろう。

簡単にできることを、すぐにやる。【小さな成長1247】

毎日は、同じリズムです。

仕事に行って、

午前中の仕事をして、

昼食をとって、

午後からの仕事をして、

仕事が終わって帰ってくる

というサイクルです。

毎日の同じ流れの中に「すぐにやる」を、取り入れることです。

朝、目が覚めたらすぐに起きる。

ご飯を食べたらすぐに歯を磨く。

お金をつかったら、すぐにスマートフォンのアプリに入力する。

同じ時間に休憩から帰ってくる。

寄り道しないで、家に帰ってくる。

洗濯物をすぐに干す。

ゴミの日に、ゴミを捨てる。

時間までに、ゴミを出す。

本を買ったら、その日のうちにすぐに読む。

ご飯を食べ終わったらすぐに食器も洗う。

レンタルビデオを返却日までに返す。

「あとで」と思っていると、あとではしません。

すぐにやるから、時間が増えるのです。

■成長するために<1247>
すぐに、寝よう。

即決断してすぐに行動に移すことで、夢が徐々に叶っていく。【小さな成長1233】

決断して、そして行動に移すことが大事です。

まずは、決めることです。

そして、次は行動することです。

「鉄は熱いうちに打て」と、言います。

「よしやるぞ」と決心したら、その日のうちに行動に移すことです。

「こういうのはどうだろう」「ああしたらいいんじゃないか」と、アイデアが膨らみます。

アイデアが出てきたら、実際にやってみることが大事です。

実際にやってみるから、次のアイデアが出てくるのです。

アイデアに困ったら、動くことです。

朝起きたら、すぐに机に向かって仕事を始めることです。

パソコンの電源を入れて、キーボードを打ち始めることです。

文章を書き始めると、そこから、アイデアが浮かんでくるのです。

「こういうことがやりたい」と思ったら、決断しましょう。

決断をして、実現に向けて行動を起こしましょう。

動き始めたら、失敗しても諦めないで、次のチャレンジをしていくことです。

新しいことに挑戦すれば、失敗の連続です。

失敗の山ができます。

失敗の山というのは、自分が行動した実験結果です。

データがたくさん集まっているのです。

「こういうことをすると、ああなる」「ああいうことをすると、こうなる」というデータが取れているのです。

科学者は、たくさんの実験の中から偶然の発見をします。

自分の人生を変える凄い発見です。

自分の人生を変える発見は、毎日の行動から偶然生まれるのです。

■成長するために<1233>
小さな行動を、たくさんしよう。

明日の予定を調べることで、余裕が生まれる。【小さな成長1132】

明日のことが分かっていると、今日のうちにやっておくことが見えてきます。

誰かに教えてもらうのを待っていないことです。

調べるのは、難しいことではありません。

情報は、毎週更新されています。

あとは、自分でその情報を見にいくかどうかです。

画面を見るか見ないかです。

画面を見にいけば、「明日はこういうことが始まるので、今のうちにこの準備をしておこう」と段取りができます。

その時になって知らないと「え、聞いていない」と、なります。

「え、聞いていない」と、いわないことです。

「自分で調べなかった自分がいけない」と思うと、謙虚になれます。

画面を見るのは、5分もあれば終わります。

一服をしている時に確認もしてしまえば、明日が楽になるのです。

■成長するために<1132>
空き時間に、次の予定を調べよう。

自分を褒めて、寝る。【小さな成長1095】

自分を褒めましょう。

良く乗り切ったと、自分を褒めてあげましょう。

「ヤバイな」というのは、感じることができます。

ヤバイと感じた時に、逃げないことです。

逃げると後手にまわります。

「ヤバイ」「最悪だ」という時に、今までのすべてが動員されます。

最悪の状況を乗り切ることで、経験値が上がります。

次に同じような状況がきた時に、対処できるようになります。

集中力が、アップします。

対策を練ることができます。

「次はこうしよう、ああしよう」と考えることができます。

最悪の日は、落ち込みます。

しんどいです。

しんどい時に、乱れないことです。

早く家に帰って、風呂に入って寝ることです。

今日も良く乗り切ったと、自分を褒めて寝ることです。

一晩寝ると、頭は切り替わります。

一晩寝ると、頭の中で次の対策法ができています。

自分の身は、自分で守ることです。

待っていても、誰かが助けてくれる訳ではありません

本を読む、資料を調べる、何か情報がないかネットで調べる、専門家に聞く。

自ら動けば、情報は集まります。

自ら動いて、打開策を見つけていくのです。

■成長するために<1095>
自分で、動こう。