自分に合わない環境にいては精神が歪む。精神が歪んでは元に戻らない【小さな成長3123】

自分に合った環境というのがある。

自分に合わない環境に居続けては病気になる。

合う合わないというのがあって、自分には合わないと感じるのは当たっている。

自分に合わない環境にいると精神が歪む。

人がいいと言っても、合うか合わないかは本人にしか分からない。

自分の感覚を大事にすることだ。

自分に合わない環境にいると精神が歪む。

嫌な人間になる。

気持ちが否定しているのに合わないところにいるというのは心をねじ曲げている。

心を無理にねじ曲げていると精神が歪む。

精神が歪むと深い傷になり元に戻らなくなる。

心の傷は、簡単には治らない。

人にどう思われるかより自分の精神が歪まないよう守ることが大事だ。

■成長するために<3123>
自分に合わない環境にいつまでもいるのはやめよう。

人の言葉に振り回されるときは独りになる。心と体を癒やす独りの時間を増やす【小さな成長3018】

人の言葉に振り回されないようにするには、どうすればいいのか。

独りになることである。

深く考えないようにしていても、考えてしまう。

心に引っかかる言葉がある。

何か言葉に引っかかったときには、時間を置く。

深く考えないようにする。

普段は気にならない言葉が、気になるときがある。

言葉が気になるときには、今は、心や体を癒やす時期なんだと考える。

心や体を癒やす時期というのは必要である。

独り静かに暮す。

家族と暮しているときには、できるだけ家族とは関わらないようにする。

逆に、独りになりたい家族がいるときには、そっとしておく。

一年のうちの何ヶ月かは、静かに暮す月があってもいい。

相手は、大した深くは考えていない。

気にしないようにしていても、心の底で気になる。

心の底で気になる言葉があるときには心と体を休める。

心の底で引っかかる言葉があるときには、寝る時間を増やす。

心の底で引っかかる言葉があるときには、独りの時間を増やす。

付き合いは、広く浅く。

付き合いが深くなると、お互い言わなくていいことを口にする。

相手に、悪気はない。

自分にも、悪気はない。

悪気のない言葉というのは厄介。

普段無口な人は、一言でドキッとすることを言う。

ドキッとしたときには、聞き流すことだ。

聞き流して深く考えないようにする。

付き合いは、広く浅く。

一年後に再会する。

年に一回会う。

また、来年

という関係。

■成長するために<3018>
来年、また会おう。

言葉の暴力に屈しない。客観的に淡々と反論することだ【小さな成長2976】

言葉の暴力には、毅然とした態度で臨むことである。

相手を支配しようとする人間が、どこに行ってもいる。

そういう人間は、反抗しない人間を好む。

何を言っても言い返してこないのをいいことに言いたい放題である。

そういう低能な人間に対しては、淡々と客観的に反論することである。

自分の中に溜め込んで我慢することはない。

ふざけるなという気持ちは抑えて、淡々と言い返す。

言い返されると相手は、攻撃の相手を変える。

必要最低限のことを言えばいい。

言い返したいことは山ほどある。

山ほどある言いたいことを全部吐き出しては、自分が不利になる。

引き出しをたくさん用意する。

切り札は、効果的に使うことだ。

■成長するために<2976>
言葉の暴力に、対抗しよう。

言葉の暴力。心を深く傷つける。争っても疲弊するだけ。自力で生きるチャンスだと考える【小さな成長2975】

強い物言いで相手を支配しようとする人が、たいがいの職場にいる。

相手をコントロールし支配しようとする。

自分の都合のいいように相手をコントロールしようとする。

世の中には文句の言えない人がたくさんいる。

文句を言いたくても言えない人がたくさんいる。

言葉の暴力は、深く人を傷つける。

殴るのは、見えるから分かりやすい。

心を言葉で傷つけるのは、目に見えない。

人をゴミのように扱う人間がいる。

言葉の暴力を振るう人は、自分より弱い人間を見つけて攻撃する。

何も言い返さない人間を見つけて言葉で攻撃する。

心を深く傷つけられ、うつや引きこもりになっていく。

心を深く傷つけられ、働くのが嫌になっていく。

言葉の暴力は、分かりにくい。

組織に頼らずに、自力で生きる世界。

争っても、さらに疲弊するだけ。

自力で生きる。

言葉の暴力を受けて深く傷ついたら、逆にチャンスだ。

自力で生きる気持ちが強まる。

静かに淡々と自力で生きる気持ちが強まる。

■成長するために<2975>
淡々と自力で、生きよう。

何度でも挑戦し集大成の年にする。諦めたらそこで終了なのだから【小さな成長2960】

感じのよくないところには、近づかないことである。

掃除をして気づくことは、必要な物はほとんどないということ。

必要な物は、また買えばいい。

今まで必要と思っていた物でも、捨てる決断ができて実際に捨てることができると、驚くほど身も心も身軽になる。

物を持たなくなると、感じのよくない物やことに気づけるようになる。

10年以上、捨てることのできなかった物がある。

断捨離をするのだけれども、どうしても捨てられなかった物がある。

そういう思い出の品々が、ようやく捨てられる時が来る。

捨てる時は、生き抜くのに本当に必要なのかという決断の時に捨てることができる。

生きていれば、いくらでもやり直しがきく。

死んだらお終い。

もう死んでもいいという人が、たまにいる。

そういう人は、天才肌。

発想が、天才なのである。

天才の大変なところは、命を捨てることもできてしまうというところ。

あまり天才にならなくてもいいのではないか。

せっかく、この世に生を享けたのである。

苦しみもがくのは大変。

苦しまなくていい。

苦しいからといって、死を選ぶことはない。

馬鹿にされて非常につらいのは、家族からである。

家族に馬鹿にされるのは、とてもつらい。

家族から馬鹿にされることは、かなりつらいことだと知っておく。

家族からとことん馬鹿にされる経験をする。

そうすると、自分でも信じられないくらい心身はタフになる。

タフになるまでには時間がかかる。

タイミングによっては、1年2年、10年12年、下手をすると一生かかるダメージかもしれない。

ダメージを受け行動力が上がる。

心にダメージを受けた時には、同じ場所にいてはいけない。

退却は、大切な決断である。

ひどいダメージを心に受けた時に、その場所で耐えていては、心が歪む。

心が歪んでは、心を修復するのが至難の業となる。

ひどい時には、もう歪んだ心は、元に戻らないかもしれない。

なので、一度決めたことでも、やめるという決断は非常に大事だ。

勝負の年。

振り返れば、毎年この時期は勝負の年と言っている。

それでいい。

諦めたら、そこでお終い。

何度でも挑戦し直していけばいいんだ。

■成長するために<2960>
12年の集大成にしよう。