苦労しているオーラを出さない素晴らしい人はどこにでもいる【小さな成長2932】

素晴らしい人は、どこにでもいる。

気づけていないだけである。

自分が苦労しているというのは、大間違い。

自分より苦労している人はたくさんいる。

めちゃくちゃ苦労している人ほど、自分は苦労しているとはいわない。

いつも笑っている。

笑う余裕がある。

苦労は、買ってでもしないほうがいい。

自分が苦労していると感じたときには要注意。

苦労しているオーラをだす奴に魅力はない。

苦労しているオーラを出さない奴は、素晴らしい。

苦労しているオーラを出さない奴は懐が深いし魅力がある。

どんなに苦労しても、そういうことを自慢する人間になってはいけない。

■成長するために<2932>
苦労しているオーラを、出さないようにしよう。

キンキン、はじき返さない。【小さな成長1409】

説明するときには、丁寧に話してみることです。

「だから」と言ってしまうと、上から目線になります。

「その場合は、?でございます」と、話してみることです。

丁寧な言葉づかいは、自分を守ってくれます。

敬語をつかっているのに炎上してしまうのは、解決策が提案できていないからです。

形だけの敬語は、お客様を怒らせてしまいます。

聞かれたことに正直に答えてしまうと、堂堂巡りになります。

「この話しは、突っ込まれるとヤバイ」というのがあります。

完璧なサービスは、ありません。

「そこは触れられると痛いな」というところは、あるものです。

わざわざ自分から、窮地に追い込まれるような回答をしないことです。

サービスは、いろいろな人が関わりながら良くなっていきます。

時間は、かかるものです。

お客様の声をすぐに反映できるなら、それは素晴らしいです。

しかし、実際は、そんなに簡単にお客様の声は、サービスには反映されません。

10年たっても、そのままということもあります。

今あるルールの中で、うまくやっていくことも大切です。

ぬらりくらりも、つかうことです。

話し過ぎると、墓穴を掘るのです。

キンキンした敬語は、相手をイライラさせます。

穏やかに話しをすることです。

「決まりなんだから仕方がないでしょ」という話し方は、相手をムッとさせます。

真っ向勝負をしないことも、大事なのです。

■成長するために<1409>
ぬらりくらりと、かわそう。

柔らかい話し方が出来るようになるには、研究心を忘れないことだ。【小さな成長1337】

柔らかい話し方をするには、丁寧に話そうとすることが大事です。

「そんな当たり前のことを聞いてくるなよ」と思ってしまうと、トゲのある話し方になります。

当たり前のことを話すのが仕事です。

毎回新鮮な気持ちで仕事をするには、知識を増やすことが大事です。

同じことに答える場合でも、昨日と今日では、勉強をしていると違うのです。

毎回状況も、異なります。

コンディションも、変化します。

同じことを聞かれても、話し方を変えるのです。

「もっと分かりやすい話し方は出来ないか」と、考えると明日が変わります。

「前回よりも、早く、コンパクトに、分かりやすく話すにはどうすればいいか」と考えていくことです。

「くだらないことを聞いてくるな」と思ってしまうと、相手の話しをさえぎってしまいます。

相手の話しをさえぎっても、いいことはありません。

「感じが悪い」と、クレームになるだけです。

「感じが悪い」と、クレームにならないようにすることです。

「お話しの途中で恐縮ではございますが」とクッション言葉を入れて、「その話しはこちらに行って聞いていただければ早く解決いたします」と説明してあげれば、時間が短縮されて感謝されます。

「あそこにいけば分かる」ということも、普段から調べていないと、答えることは出来ません。

質問に対して、いく通りもの回答を考えていくことです。

異なる角度から、調べておくことです。

友だちのような話し方をしてしまうと、馴れ馴れしいと思われてしまいます。

ガチガチの敬語では、言いたいことがうまく伝わりません。

融通が利かないのもいけません。

親しみを込めて丁寧に話しをすることです。

「柔らかく」「分かりやすく」「素早く」「丁寧に」「プラスアルファ」を意識していくと、答え方は上手になっていくのです。

■成長するために<1337>
もっと上手に答えられないか、研究しよう。