メモは、すぐに調べる。すぐに調べることで、疑問点が自分のものになっていく。【小さな成長1574】

スポンサーリンク

「どういう意味かな」と思ったことは、すぐにメモしましょう。

疑問に思ったことを調べていくと、アイデアも出てきます。

分からないことを、やる気に結びつけることです。

不明点をそのままにしておくと、そのうち嫌になります。

分かったことは、書き留めておくことです。

書いておけば、あとで思い出すことができます。

定かではないことの中にも、分かる部分があります。

分かる部分を、増やしていくことが大事です。

自分なりの調べ方を、見つけましょう。

コンピューターの検索機能を、上手につかうことです。

忘れたらすぐに検索をして、見直しができるようにしておくことです。

どこにあるかも、毎回調べていれば自然と覚えます。

「どうすればいいかな」と思ったことを、調べてみることです。

毎回調べていると、答えを探すコツが分かってきます。

1日で、疑問が全て解決することはありません。

やりたいことを実現するには、時間がかかります。

分からないことを解いていくことで、実力がついていきます。

まずは、調べてみることです。

興味のあることを調べることで、知識が増えます。

調べ物を、増やしましょう。

「これってどういうことだろう」ということを、きっかけにすることです。

分からないまま終わっては、もったいない。

世の中は、知らないことばかりです。

知らないことがほとんどだから、調べていくと興味が湧くのです。

調べ物は、元々興味のあることです。

調べ物を調べ物で終わらせないことです。

調べ物で終わらせないようにするには、自分の日々の生活に生かすことです。

仕事でも、分からないことは、たくさんあります。

疑問に思ったことは、すぐにメモして、時間が空いたときに、調べるようにしていくのです。

調べれば、どこかに答えは書いてあります。

答えを得ることで、疑問が自分の物になっていくのです。

「答えがない」ということも、調べることで知ることができます。

文献を知るのも、まずは、調べることから始まります。

メモは、すぐにすることです。

次の瞬間に忘れるのが、メモです。

忘れるよりも早く書きましょう。

メモを、メモのままで終わらせないためには、調べることが大事になってくるのです。

■成長するために<1574>
忘れる前に、調べよう。