気持ち次第で、良くも悪くもなる。【小さな成長1271】

一年間ずっと絶好調というわけではありません。

一年のうちの3ヶ月くらいは、調子は悪くなるものです。

「最近うまくいかないな」と思っても悩み過ぎないことです。

「もしかすると調子の良くない時期かもしれないから気をつけよう」というくらいに考えておけばいいのです。

「最近どう?」と聞かれたら「絶好調です」と答えましょう。

絶好調と言えば、調子が良くないときでも気分は好転します。

元気のない人は、いつも「調子が悪い」と言っています。

これでは、本当に体調を崩してしまいます。

気持ちの持ちようで良くも悪くもなります。

自分で負を呼び込んでしまわないよう気をつけましょう。

■成長するために<1271>
「絶好調」と、思おう。

調子が悪い日は、早めに切り上げる。【小さな成長1253】

タイミングが悪いときがあります。

タイミングが悪いときには、仕事は早く終わらせましょう。

仕事を早く終わらせて、帰りましょう。

調子は、毎日一定ではありません。

うまくいかない日にミスの上塗りをしないことです。

調子が悪くても、仕事は休まないことです。

つらいのは、一瞬です。

仕事を休むと、翌日もつらいです。

翌日もつらくて、さらに仕事を休むことになります。

会社に来てしまえば、一日はすぐに終わります。

会社を休んでしまうと、心の疲れが増えるのです。

遅刻をしないで仕事にいって、会社で一日を過ごしましょう。

調子が悪い日は、早く家に帰って、寝てリセットしましょう。

毎日調子が悪いわけではありません。

調子が悪い日があれば、調子のいい日もあるのです。

調子の悪い日は、早めに仕事を終わらせましょう。

集中すれば、仕事はそんなに時間はかからずに終わります。

一服はそこそこにして、仕事に集中しましょう。

仕事に集中するときには、話しをしないことです。

黙々と仕事をしましょう。

話しを途中ではさむと、集中力が落ちます。

思考が中断すると、回復させるのに時間がかかります。

笑顔でシャキシャキ仕事をしていれば、話しかけられることも減ります。

さっさと仕事を終わらせて、帰る準備をしましょう。

調子がよくない日は、真っ直ぐ家に帰って、早めにベッドに入って休むことです。

■成長するために<1253>
早く帰ろう。

調子の悪い状態を早く察知する。【小さな成長1151】

普段なんともないことが、うまくいかない日があります。

そういう日は、調子の悪い日です。

調子の悪い日というのは、あるものです。

「今日は、調子が悪いな」と、気づきましょう。

調子の悪い日に無理をしないことです。

口論にならないようにしましょう。

できるだけ頭を下げて、反感を買わないようにしましょう。

調子が悪い日は、早く帰って家の掃除をしましょう。

床を磨きましょう。

板を一枚一枚磨きましょう。

整理整頓をしましょう。

散らかりは、イライラの原因です。

調子が悪い日は、お風呂に入って疲れを流しましょう。

調子が悪いのを、明日に持ち越さないことが大事です。

寄り道をして寝るのが遅くなると、調子の悪いのが明日へ持ち越しとなります。

調子の悪い日が続くと、体調を崩します。

風邪を引いて、さらに状態が悪化してしまいます。

調子の悪いのが普通にならないように、気をつけていくことです。

■成長するために<1151>
意識して、リフレッシュしよう。