家族は他人と考える。イライラは家族を破壊する【小さな成長2941】

スポンサーリンク

家族は他人と考えることだ。

仕事で大変だったこと、今まで苦労しないつもりでも苦労したこと、本音を話したり愚痴をいったり家族についしてしまう。

家族なんだからと考えてしまう。

社会の中で我慢している分を、家族にぶちまけてしまう。

会社で我慢した分家族に当たり散らしていては、家族は幸せでなくなる。

イライラは、家族を破壊する。

家族、家庭はすべての礎。

家庭がぎくしゃくすれば、仕事にも身が入らなくなる。

そうなると、家族家庭にさらに八つ当たりという悪循環。

家庭内に不平不満をぶちまけていては、幸せになれるはずがない。

家族や家庭に不平不満をいわないことだ。

家族を他人と考える。

他人に不平不満をぶちまけることはそうそうない。

友達にも不平不満をいってはいけない。

友達に不平不満をいえば、友達の家族、家庭を壊すことになる。

家に帰ってきてまで、我慢したくないという。

家族に八つ当たりしてはいけない。

家族への八つ当たりこそ、我慢しなければいけないのである。

家族に八つ当たりすれば、家族は崩壊する。

家の中に、外でのイライラを持ち込まない。

イライラした状態のまま、家に戻ってきてはいけない。

ストレス発散は、家族や友人とやってはいけない。

1人でストレス発散はやる。

家族や友人には何も話さず、1人で風呂や温泉にでも入って、ストレス発散をすればいいんだ。

■成長するために<2941>
家族や友人の前では、絶対にイライラしないようにしよう。

苦労しているオーラを出さない素晴らしい人はどこにでもいる【小さな成長2932】

素晴らしい人は、どこにでもいる。

気づけていないだけである。

自分が苦労しているというのは、大間違い。

自分より苦労している人はたくさんいる。

めちゃくちゃ苦労している人ほど、自分は苦労しているとはいわない。

いつも笑っている。

笑う余裕がある。

苦労は、買ってでもしないほうがいい。

自分が苦労していると感じたときには要注意。

苦労しているオーラをだす奴に魅力はない。

苦労しているオーラを出さない奴は、素晴らしい。

苦労しているオーラを出さない奴は懐が深いし魅力がある。

どんなに苦労しても、そういうことを自慢する人間になってはいけない。

■成長するために<2932>
苦労しているオーラを、出さないようにしよう。

リバウンドではなく祝杯。褒美は大いにやってさらなる強敵に挑戦していけばいいんだ【小さな成長2883】

器用なことをしようとしないことです。

昔は、2つ3つと同時にやっていくのがかっこいいと思っているわけではないが、そのほうがなんだかすごいような気がしていた時期があった。

どっちがいいというわけでもない。

あまりこだわらないことだ。

ようはどっちでもいいんじゃないかということ。

そんなに器用に生きなくていいし、器用に生きようとすると疲れる。

例えば、ダイエットとか禁酒とかああいうのは、器用にやろうとするとできない。

よく巷には食べながらダイエットみたいな都合のよさそうな本があるが、自分は食べながらダイエットなんてできたことがない。

そもそもダイエットのことを考えながら食べていると美味しくない。

食べる時は、食べればいい。

酒が飲みたければ飲めばいい。

仕事や私生活でストレスがあると食べて鬱憤を晴らしたいし、飲んで飲んでやけ酒もしたくなる。

そういうことまで我慢していたら、壊れてしまう。

酒をやめようと思ってもやめられるものではない。

好きな甘いケーキをやめろと言われても食べてしまう。

食べたければ食べればいいし、飲みたければ飲めばいい。

ただ、自分の心のどこかには、どこかでやめなきゃという気持ちがある。

ボクシングの減量のように、試合まで我慢すればいいんだ。

我慢したあとの1切れのステーキの味が、このために減量は、試合に勝つためにやってきたんだでいいんだと思う。

確か、あしたのジョーだったかあしたのジョー2だったか忘れたが、ジョーの減量を馬鹿にするすごい奴※が対戦相手に出てきた。

そいつはすごい奴で、もともと食べない。

食べなくても平気。

ジョーは、成長期でめちゃくちゃ減量に苦労する。

ジョーの成長期の頃だから、あしたのジョー2かな。

やっとのことで計量をパスし、おっつぁんがジョーのためにレストランを予約し1切れのステーキを用意してやる。

急いで喰うんじゃねえぞというおっつぁん。

ジョーは、1口1口味わってステーキを1切れゆっくり口にする。

その時の喜びというのはひとしお。

そんなジョーの姿を、たまたまレストランに居合わせた対戦相手が馬鹿にする。

ジョーは、最初こいつには勝てないんじゃないかと思う。

思考回路が、もともとの境遇が、ジョーも半端なかったが、そいつはもっとすごかった。

でも、ジョーは、試合に勝つのである。

集中的にやり遂げるということが大事なんだ。

その集中力・精神力を活かして戦いに勝つ。

自分のダイエットや禁酒も短期集中でやる。

リバウンドではなく祝杯、褒美でいい。

祝杯や褒美は大いにやって、さらなる強敵に立ち向かうべくダイエットや禁酒に励み挑戦していけばいいんだ。

■成長するために<2883>
ダイエットや禁酒のあとは、大いに祝杯褒美をやろう。

このジョーの最後の姿、
あしたのジョー2は、魂が震える名作。


※このジョーが減量苦の時に対戦した相手は、「金 竜飛(きん りゅうひ)」でしたね。

途中で欲を断つのは難しい。最初に欲を断って強制的に好きなことしかできない状態にしてスタートする【小さな成長2433】

時間のかかることがあります。

時間がかかって、1日で終わらすのがやっとで、なかなか1日では終わらない。

長時間集中するというのは、大変です。

誘惑があって、集中力が途切れます。

集中できなくなって、他のことを始めてしまって、1日が終わってしまう。

時間のかかることは、一気に終わらせるということができません。

どうしても、途中で他のことをやってしまいます。

誘惑は遠ざけて、できるだけ面倒くさい状態にしておきましょう。

誘惑には負けるものです。

なので最初からできない状態にするか面倒くさい状態にして、時間のかかることに取り組みましょう。

時間のかかることを、そのことしか1日中できない状態にしてしまうのです。

好きなことでも1日中続けて、それを毎日やろうとするとしんどいです。

でも、もうそれをやるしかない。

自分を信じて突き進むしかありません。

どうやって欲を断っていくかで苦労します。

1週間に一度ということや3日に1回というようなことは、分かっていてもできない。

断たなければいけないことは、強制的に断つことです。

最初の決断が大変なようですが、最初の決断が1番楽です。

途中で欲望が渦巻いてきて、そこから断つというのは無理な話です。

最初のスタートする前が、決断するのも比較的簡単にできるのです。

朝起きて、1日が始まる時に決断してしまいましょう。

欲を断って1日中集中する決断を朝起きた時にしましょう。

欲を断つ決断をしたら、3日4日と欲を遠ざけて、自分がやろうとしていることしかやることがない状態へ強制的にもっていきましょう。

3ヶ月6ヶ月で結果を出すというのは、欲との戦いです。

好きなことには、徹底的に取り組んで結果を出していくことと、好きなことを断って結果を出すという2つがあります。

1つの好きなことを断って、もう1つの好きなことを伸ばしましょう。

もう1つの好きなことしかできないようにして、毎日続けることです。

最初の好きなことは、もう1つの好きなことを達成した時に、自分へのご褒美にすればいいのです。

欲を断つには、スタート前の決断です。

スタート前に決断を下して、途中で負けても手を出せない状態にしてしまうことです。

途中で、自分の弱さと戦わないことです。

途中で戦っても、負けるのです。

戦う前に決断して、欲を断たざるを得ない状態にしてしまうことです。

最初から遠ざけてしまえば、どうしようかと迷っても仕方がないので、迷う必要もなくなります。

最初から迷えない状態にして、戦いに挑むのです。

■成長するために<2433>
迷えない状態にして、始めよう。

そのうちと思っていると今のまま。強制的に取り組む状態をつくる【小さな成長2417】

体調が崩れた時に、元に戻すのに苦労します。

時はどんどん経過していき、このままではやばいという気持ちが増えていきます。

不安な気持ちが多くなると、動けなくなります。

動いていくには、いろいろなことを考えなくてもすむ環境をつくっていく必要かあります。

毎日の生活の中で、毎日続けていることがあって、その毎日続けていることは苦にならずに続けることができるようになっています。

苦にならずにできるようになっていることを、ヒントにしていきましょう。

毎日続けるヒントは、すでに自分が毎日続けていることの中にあります。

自分なりに工夫していることがあります。

毎日続けるには、強制的にやるようにしていくことです。

強制的にやるようにしていくと、そのうち誰に言われることもなくやるようになります。

あとは、どうやって強制的にやる環境をつくっていくかです。

意志は弱いですから、そのうちと思っていると今年も1年が終わってしまいます。

強制的に取り組むようにして、ストレスを減らしましょう。

思っていることをやらないほうが、ストレスになるのです。

頭の中で思ったことを実際にやってみることです。

目標としていることは、その目標を達成していくように強制的にやる体制を整えることです。

そうしないと、いつまで経っても今のままで、ため息がなくならないのです。

朝の憂鬱な気分も、自分の目標をクリアしないと消えません。

目標を達成するには、のんびりやっていてはいけません。

ゆくゆくはと思っていると、結局1年経っても今のままです。

自分にストレスをかけて、行動しましょう。

重たい体を動かすには、自分の気持ちを頼りにしていてはだめです。

しなければいけない環境にして、強制的にやっていくのです。

■成長するために<2417>
強制的にやる体制をつくろう。