スーツや靴を新しくする。仕事で使う物に金をかければやる気もでる【小さな成長3231】

スポンサーリンク

良い物を持つ。

物を手放す。

物を捨てる。

より良い物を買う。

物が買えないと、節約生活になる。

節約生活を経験するのは悪くはないが、節約ばかりしていると発想が貧乏になる。

節約自慢は、格好のいいものではない。

節約ばかりしていると、心も貧しくなる。

「私はこんなに節約しています」というのは自慢にはならない。

持ち物を新しくする。

持ち物を新しくするとやる気もでる。

よれよれのスーツに、かかとが斜めに磨り減った靴では貧相である。

仕事で履く靴を何足か揃える。

何だかんだ言っても、仕事をしている時間が一年で一番長い。

自分の仕事にもっと金を使う。

仕事が充実すれば、プライベートも充実する。

仕事でやる気がでれば、成績も上がるし稼ぎも増える。

■小さな成長<3231>
仕事で使う物に、金をかけよう。

新しい物を持つ。新しい物を持つとやる気もアップする【小さな成長3224】

休むというのは大事だなと思う時がある。

休んでいる間もいろいろなことが起こる。

いろいろなことを感じる。

休んでいる間に、新しい物を手に入れる。

物には寿命がある。

いつまでも古い物を使うのではつまらない。

古い物にも良い物はあるのだろうが、ボロボロではいけない。

古い物を大事にするなら、新しい物も使うことだ。

古い物は、ボロボロのままにしておかないで直す。

いらないなら捨てる。

汚い物をいつまでも使わない。

古い物を、新しい物に替える。

新しい物を持つとやる気がアップする。

新しい良い物を持つと姿勢も良くなる。

ボロボロな物を、いつまでも使わないことだ。

■小さな成長<3224>
持ち物を新しくしよう。

運命を変える大きな決断。決断して自分のこれからを変える【小さな成長3091】

運命を変える大きな決断というのは、たまにある。

この決断は自分のこれからを変える決断だなと思う時がある。

今日から行動を開始する。

今日、決めるという時がある。

今日、決断の時というのがある。

遠慮ばかりしていると、チャンスを逃がす。

出会いは、たくさんあるわけではない。

運命について、あまり考えてはいないのだが、それでも運命というのもあるのかと思う時がある。

自分の運命を試す。

自分の感というのは怪しいので、確認し直す。

自分の感というのは怪しいが、当たる時もある。

何かおかしいなという感は、たまには当たる。

好きなことを開始すると決めた期間の感を大事にする。

おかしいという感も大事だし、いいなと思う感も大事である。

好きなことを開始すると決めた時期のいいなというのを大事にする。

ぐずぐずしていると、運命は逃げていく。

焦るのはよくないが、何もしないでいては、運命は変わらない。

自分の運命を変えていく。

自分の運命を、自分で変えていく。

決断の時。

自分の運命を変える時。

好きなことをすると決めた時期に、自分の運命を変える決断をする。

大きな決断。

たまには大きな決断をして、自分のこれからを変えていくことだ。

■成長するために<3091>
決断して、自分のこれからを変えよう。

運のないことを好きになっていることに気づく。いいと思っても運があるか考える【小さな成長3071】

好きなものは嫌いになる。

嫌いなことが好きになることはない。

嫌いなものは嫌いである。

面倒くさいと思うことは面倒くさい。

なので面倒くさいと思うことをわざわざやろうとしないことだ。

一手間というのは面倒くさい。

一手間が二手間になる。

2つが3つ。

3つが4つとやることが次第に増えていく。

最初よりやることが何倍にも増える。

やることが増えると、最初は好きだったことが嫌いになる。

嫌いになって気づくことがある。

運のないことを好きになっていたと。

運のないことを好きになると、次々と運のないことを好きになる。

気づくと周りが運のないものだらけになる。

気づければいいが、気づかないまま一生が終わる。

運がないという病。

自分が病気になっているということにも気づけない。

運を落とさないように気をつけないといけない。

運がなくなると、運のないものを好むようになる。

運のない物を持ち、運のない家に住み運のない人と結婚する。

運のない人と結婚し運のない子が生まれ、運のない家で育った子は運のない人と結婚する。

運のない家系。

運のない生活は断ち切らないといけない。

いいなと思ったものでも、運があるか考えてみる。

いいなと思った場所が、運があるか考えてみる。

自分の運を喰うような物、場所、住まい、人。

好きと思っていた物、場所、人。

いいと思っていたこと。

自分の運を喰っていることが周りにないか、考えてみることだ。

■成長するために<3071>
運のある生活をしよう。

一日一読 小さな成長メルマガ配信登録・解除
【PCからは】⇒http://www.mag2.com/m/M0087613.html
【携帯からは】

守りの時期は攻めてはいけない。致命傷を負い再起できなくなってはやり切れない【小さな成長3065】

守りの時期と攻めの時期の見極めは大事である。

守りの時期に攻めていると、本当の攻めの時期に攻めることができなくなる。

攻めの時期に、思うようにスタートできなくなる。

守りの時期の攻めは、一見うまくいく。

うまくいっていると自分で思い込んで果敢に攻めていく。

攻めもうまくいくので成功したと自分で思い込む。

が、最後になって、失敗だったと気づくことになる。

気づいて撤収できたとしても、致命傷を負って、再起できなくなってはやり切れない。

体を壊す。

精神的な傷を負う。

精神的な傷というのは、自分が思っている以上に深い。

心の傷というのは、なかなか癒えない。

攻めの時期になっても傷が癒えず、チャンスを失う。

守りの時期に攻めて失敗するといい反省材料になる。

次の守りの時期に誤って攻めてはいけないと、自戒できる。

■成長するために<3065>
攻めの失敗に気づこう。