今日明日死ぬかもしれない。悔いのないように生きる【小さな成長2892】

スポンサーリンク

変に知っている人ができるとあいさつが面倒くさい。

そういう輩は無視に限る。

最初から無視することだ。

愛想をよくしていいことなど何も起こらない。

トラブルに巻き込まれるだけである。

わけの分からない奴は相手にしないことだ。

ギャーギャーわめいている奴を、あいつはいいところもあるなんて思ってはいけない。

そういう甘いところを見せるから相手がつけあがるのである。

叩き切ることはそういうことをしようとするのは公序良俗に反するからやってはいけないが、おまえ叩き切るぞと無言で睨みつけてやれば雑魚は寄ってこない。

20年前から、パソコン1台あれば何でもできる時代だと言われていたような気がするが、確かに今はパソコン1台あれば生きていける。

そういう時代だ。

スマホがあればなお便利だが、パソコン1台とネットにつながる環境を手に入れれば何でもできるし生きていける。

あとはやるかやらないか。

やれるかやれないかはその人次第。

私も20年前は、どうやってパソコン1台で生きていけるのか想像がつかなかった。

が、今は、リアルに想像できるし実際にやっている。

やりたいと思ったことは簡単にはできない。

18年前にぼんやりと人に話してみたら全否定された。

全否定されてやっぱりやめておいたほうがいいかと思ううちは、やめておいたほうがいい。

まだそういう時期ではないのだ。

18年という月日が経ちスペックは数段上っている。

誰に何と言われてもやる。

まあ、もう誰も何も言わないが。

18年から20年くらい経って、みんな年をとった。

死んだ奴もいる。

今日明日死ぬかもしないわけだ。

やりたいことをやらないともったいないのである。

ただし、公序良俗違反なことはしないように。

■成長するために<2892>
悔いの残らない人生を、スタートしよう。

平日に仕事を組み込んで、休みの日は遊びにいく【小さな成長2319】

量を増やして、肩の力を抜きましょう。

やることが少ないと、余計な力が入ってしまいます。

頑張ってしまうのは、量が少ないからです。

たくさんやることがあると、頑張っている場合ではなくて、次から次へと終わらせていかないと間に合いません。

どうしても頑張ってしまうという時には、もっと量を増やすことです。

量が増えれば力が抜けます。

毎日続けていると、力まなくても始めることができます。

たまにやろうとしていることや休日になったら取り組もうと思っていることは、いざその時になると、いろいろ考えてしまって始めることができません。

続けようと思っていることは、毎日できる方法はないかと考えていきましょう。

毎日同じタイミングで取り組むことができると、続けることができます。

難しくすると毎日はできません。

もっと簡単にできないかと、考えていきましょう。

こんなんじゃだめだと思っているうちに、1日は終わってしまいます。

朝の時間は終わってしまえばもう取り戻すことはできないし、夜は夜で体を休める準備をしないと明日に疲れが残ってしまいます。

よしやるぞと思うことは、その時はできても、毎日となると、毎日気合いを入れて始めるのはしんどいのです。

30分でできることを、考えていきましょう。

1日3時間の時間を確保するのは大変です。

朝、何時間も今よりも早く起きて始めなければいけなくなって大変です。

朝の30分、昼の30分、夜の30分でできることを考えてみましょう。

30分を使って、毎日続ける方法を模索していくことです。

休みの日に取り組もうと思っても、休みの日は、休みたいのです。

平日の働いている日に、時間の使い方をもう一工夫して、休みの日は、遊びにいきましょう。

遊ぶから、仕事もはかどります。

休日に遊びにいけるよう、平日のうちに終わらせてしまうのです。

30分でできる方法を考えていくと、力んでいる暇はないし考えている時間や悩んでいる時間はなくなります。

休みの時間のある時に考えようと思っても、実際はできないです。

平日の時間が限られている時のほうが、はかどるのです。

■成長するために<2319>
平日に、もう一仕事しよう。

たくさん量をこなして、思ったことをすぐに始めるスピード感覚を身につける【小さな成長2250】

休まずに動き続けるには、どうすればいいのだろうと思います。

どうしても、何かしようと思っても、時間がかかってしまいます。

思うようにはいきません。

思うようにはいかないけれども、それでも、今自分ができることを黙々とできるだけ早く終わらせていきましょう。

思ったことを形にする

終わらせていくというのが大事です。

自分が考えていることを、頭の中だけではなくて、実際に形にしていくのです。

形にしながら、スピードを上げていきましょう。

加速していきましょう。

考えている時間を減らして、仕事を終わらせていくことです。

自分の頭の中で考えていることは、実際に取り組んでみると時間がかかります。

時間がかかるというのは、自分で試してみるから分かるのです。

実際に試してみると、新たな発見があります。

朝、加速する

朝スタートして、スピードを上げていきましょう。

その日その日で、真剣勝負です。

今できることを、全力でやっていくのです。

頭の中で思ったことを形にしていくことで、前に進むことができます。

スピードを上げて、自分の思っていることを形にしていきましょう。

朝のスタートを、まずは大事にしていきましょう。

朝、加速していきましょう。

そして、朝が終わったら、次は昼です。

もし、朝のスタートに失敗したとしても、今があります。

今すぐに始めることで、ペースの巻き返しを図るのです。

スピードをアップするには、今思っていることを、すぐに行動に移して、テンポを上げていくことです。

思ったようにはいかないかもしれませんが、何もしなければ、ますます前進できなくなります。

悩んでしまうのは、後回しです。

今は、体が動く限り、思ったことを形にすることに徹するのです。

後ろを振り返るのは、とりあえず置いておいて、今は前進するのです。

量を増やして、ペースをつかんでいきましょう。

考えているだけでは、すぐに一日が終わってしまいます。

一日が終わってしまって、がっかりしてしまうよりも、今すぐに始めて少しでも元気を取り戻していくのです。

肩の力を抜いて、加速していきましょう。

量を増やして多くの結果を得る

量が少ないと、検証することができません。

1つや2つでは、分かることが限られてしまいます。

たくさん量を増やして、結果を集めましょう。

たくさん量をこなしながら、方向を修正していくことです。

立ち止まって考えてしまう時間をできるだけ少なくして、前に進みましょう。

早く終わらせるとテンポがつかめてきて、新しいことに挑戦できるようになっていきます。

新しいことに挑戦する回数が増えれば、それだけ、多くの結果を検証することができます。

量を増やして、多くの結果を得ましょう。

今やっていることを、もっとたくさんこなしましょう。

たくさんこなすことで、スピードはアップしていきます。

初めて経験することと10回目のことなら10回目の方が速いのです。

初めてということを、すぐに2回目3回目と挑戦して量を増やしていけばいいのです。

経験を増やしてスピードアップ

どんどん挑戦していけば、経験が増えます。

経験が増えれば、スピードもアップします。

頭の中で思っていることを形にして、加速していきましょう。

目が覚めたら、すぐにスタートしましょう。

朝目が覚めたら、すぐに昨日の続きをスタートしましょう。

悩まずにスタート

立ち止まらずに、前進です。

たくさん量をこなして、少しでも多くの結果をつくるのです。

立ち止まらずに、毎日前進して結果を増やして、検証できる量をつくりましょう。

結果を検証して、次の作戦を立てて、すぐにさらなる挑戦を始めましょう。

止まらずに前進していくことです。

満足のいく結果になるまで、量をこなすことです。

悩む前にスタートしましょう。

早く終わらせるということに徹して、量を増やして、思ったことをすぐに始めるスピード感覚を身につけていくのです。

■成長するために<2250>
たくさん量をこなして、迷わずにスタートできるようになろう。

目標を達成するために積極的に新しい方法を試しチャンスを手に入れる【小さな成長2247】

今と違う感覚をつかむために、スピードを上げてみましょう。

今までのやり方を、大きく変えてみるのです。

やり方を変えながら、コツコツ前進していきましょう。

時間を計算し直す

前に進むのは歩くペースで淡々と進み、でも、試すことは大胆に今までと違うことを試してみるのです。

大胆に試すというのは、リスクを背負って試すということではありません。

毎日取り組んでいることのスピードをアップするということです。

熱心に取り組んでいると、どうしても時間が経つのを忘れてしまいます。

時間をかければいいものができるというわけではないのに、いついつ時間をかけてしまう。

結果を出すためには、どれくらいの時間で終わらせていく必要があるのかを計算して、計画を立て直しましょう。

一つのことにかけられる時間を計算し直すのです。

目標は、見ているだけではいけません。

目標達成に向けて、やり方を日々変えていくことです。

毎日続けていることは、これからも続けていけばこうなるということはある程度予測できます。

目標に到達するためには、このままではいけないという時には、スピードを上げて、どうすればもっと量を増やすことができるか、どうすればもっといい結果になるかを検討しましょう。

今のままでは半月後も変わらない

今のままでは、半月後もこのままです。

このままでは、目標には届きません。

このままでは、半月後も何も変わりません。

同じことを続けていても実現しないのなら、やり方を変えて次の方法に挑戦していくことです。

1週間、10日、15日と続けていると、ある程度結果が見えてきます。

このペースで続けていくと、今後のこれから先の15日はどうなるかということも予測できます。

たいがいは、自分が思っていた予想よりも悪いのです。

なら、自分が立てた目標に達するようにするにはどうすればいいのかと計画を見直して、新しい方法を次の1週間、10日、15日で試していきましょう。

行動に移しチャンスを手に入れる

今のままで前進しても、結果は目に見えているのです。

取り組み方を大胆に変えて、新しい期間に臨みましょう。

新しいことを試してみて、そしてその結果を検証して、その次の期間でさらなる新しい方法を試していく。

自分が立てた目標に到達するために、新しい方法を積極的に試していきましょう。

新しい方法を試すチャンスは、いくらでもあります。

あとは、自分が行動に移すかどうかです。

このままでは、今のままです。

積極的に自分でやり方を変えて、チャンスを手に入れていくのです。

■成長するために<2247>
新しい方法に、挑戦しよう。

不安な時には量に徹し悩む前に体を動かし、すぐに行動に移す【小さな成長2233】

「諦めてたまるか」という気持ちを、大事にしていきましょう。

弱気になってきた時には、「負けるな」と自分に言い聞かせてスピードをアップしていきましょう。

「負けてたまるか」「諦めるな諦めるな」「何としても勝つんだ」と何度でも思い返して、気持ちを奮い立たせていきましょう。

うまくいかないと、どんどん不安になっていきます。

自信がなくなっていきます。

何もできなくて、体が動かなくなっていきます。

考えごとをしていても、何も変わらないのに、すぐ考えごとを始めてしまう。

立ち止まらないで、今思ったことや少し前に思ったことをすぐに形にしていきましょう。

毎日の時間は、止まることはありません。

始めたことが3時間4時間と時間がかかってしまうこともあるけれども、それでも何とかして最後まで終わらせて、次のアイデアに取り組んでいく。

とにかく、体を動かし続けましょう。

歩き続け、手を動かし続けましょう。

上手い下手というのはあまり考えないで、とにかく手や足、体を動かしましょう。

「考えごとをしない」「悩まない」というのを、忘れないようにして歩き続けるのです。

悩みというのも、前向きな仕事のヒントにしていきましょう。

一日の中で、誘惑の時間があって、体の動きが止まってしまう時があります。

そういう時には「体の動きを止めない」と思うようにして、前に進みましょう。

上手い下手を気にしないで、とにかく前進しましょう。

手を中心に動かす仕事なら、一定時間おきに歩いたり軽く膝の曲げ伸ばしをしたりして、体を動かして、また、手を動かすことに集中しましょう。

タイマーを用意して仕事に取り組んで、一定時間になったら気持ちを引き締め直すために体を動かしましょう。

1時間経ったら音がなるようにして、歩いたりストレッチをしたりして、また集中し直すのです。

1時間経つと、「もう1時間経ってしまった」とがっかりしますが、そこで、体を動かして、少しの気分転換を入れて、集中し直しましょう。

前向きに行動する

大事なことは、止まらないということ。

止まらないで、前へ歩いていきましょう。

困ったり悩んだりしたことも、前向きに今やっていることに取り入れていくことです。

すぐに前向きなアイデアにして、行動を開始しましょう。

行動を起こすというのは、体を動かすということです。

悩んでしまうというのは、まだ肩に力が入っているのです。

深呼吸して、息を吐き出して、肩の力を抜きましょう。

「いいものにしよう」という気持ちは大事だけれども、そんなに力んでいると、いつまで経っても終わりません。

パッと思ったことをすぐに形にする

パッと思ったことで、その今の状態でできることで、アイデアを完成させていきましょう。

時間制限はいいもので、一日中時間があると思ってしまうと、ダラダラと時間が過ぎてしまいます。

今思ったことで、体を動かし始めて、1時間以内に終わらせるという具合にして、集中していくことです。

終わったら、体を動かして筋肉を使うようにして、運動不足にならないようにして、また、淡々と仕事に取りかかる。

家で仕事をしたり勉強をしたりしている時には、定期的にストレッチや筋トレをして筋肉を動かしましょう。

家にいる時間が長くなると、どうしても運動不足になります。

一日中座りっぱなしだと、腰が痛くなるし、足の筋力も弱っていきます。

運動を意識して取り入れて、気分転換の時間に運動することです。

不安なままではいけません。

不安に負けてはいけません。

体を動かし始めて、仕事や勉強を始めて、不安な状態を解消しましょう。

「無理なのか」と思ってしまう時というのは、体の動きが止まっている時なのです。

不安は、じっとしているとやってきます。

考えてしまう時間が長いと、それだけ行動の時間が少なくなります。

考えの時間ではなく、仕事をする時間にして、考えていることをそのまま仕事に取り入れていって、悩む時間を少なくしていくのです。

思った時にすぐに行動するというのは、気持ちのいいものだし達成感があります。

思った時というのが行動を起こす最大のチャンスなのだから、その感覚を自分が悩んでしまって動けなくなっている時にも応用していくことです。

悩んだり不安になったりしてしまっても、前向きな行動を考えて迷わずに行動を開始しましょう。

行動に移すことを第一に考える

結果が出るか出ないかというのを考えてしまうと、行動できなくなります。

行動に移すことを第一に考えて、一つのことにかける時間を短くして、多くの行動を起こすことです。

肩に力が入ってきたら、肩の力を抜いて、スピードをアップしましょう。

一つのことを始めたら、途中になってしまうないよう一気に最後まで終わらせましょう。

1時間内に終わらせるつもりで、スピードをアップしていきましょう。

一発当てようと力んでしまうのではなくて、淡々と数をこなしながら一発当てることはあまり意識しないで、量を増やしていくのです。

量がないことには、検証もできません。

不安な時は、立ち止まらない

不安な時には、量を増やすことに徹するのです。

不安になってしまって、何もできないまま一日が終わってしまうくらいなら、気持ちを切り替えて、量を増やすことに専念したほうが迷いが少なくなります。

不安な時は、立ち止まらないことです。

結果ばかりを気にしてしまうと、手が止まります。

結果は、一日の始めや終わりに見るくらいにしておいて、あとはあまり結果は気にしないで、黙々と仕事や勉強を終わらせていきましょう。

肩の力を抜いて、淡々とスピードを上げて終わらせていきましょう。

結果を見ないで、一日の途中でくよくよし始めても、ストレッチや筋トレをして気持ちを切り替えて、とにかく量に徹していくのです。

体の動きが止まると、くよくよします。

くよくよが始まる前に、淡々と次の仕事や勉強をスタートして量を増やすのです。

■成長するために<2233>
不安な時は、量に徹しよう。