運のないことを好きになっていることに気づく。いいと思っても運があるか考える【小さな成長3071】

好きなものは嫌いになる。

嫌いなことが好きになることはない。

嫌いなものは嫌いである。

面倒くさいと思うことは面倒くさい。

なので面倒くさいと思うことをわざわざやろうとしないことだ。

一手間というのは面倒くさい。

一手間が二手間になる。

2つが3つ。

3つが4つとやることが次第に増えていく。

最初よりやることが何倍にも増える。

やることが増えると、最初は好きだったことが嫌いになる。

嫌いになって気づくことがある。

運のないことを好きになっていたと。

運のないことを好きになると、次々と運のないことを好きになる。

気づくと周りが運のないものだらけになる。

気づければいいが、気づかないまま一生が終わる。

運がないという病。

自分が病気になっているということにも気づけない。

運を落とさないように気をつけないといけない。

運がなくなると、運のないものを好むようになる。

運のない物を持ち、運のない家に住み運のない人と結婚する。

運のない人と結婚し運のない子が生まれ、運のない家で育った子は運のない人と結婚する。

運のない家系。

運のない生活は断ち切らないといけない。

いいなと思ったものでも、運があるか考えてみる。

いいなと思った場所が、運があるか考えてみる。

自分の運を喰うような物、場所、住まい、人。

好きと思っていた物、場所、人。

いいと思っていたこと。

自分の運を喰っていることが周りにないか、考えてみることだ。

■成長するために<3071>
運のある生活をしよう。

一日一読 小さな成長メルマガ配信登録・解除
【PCからは】⇒http://www.mag2.com/m/M0087613.html
【携帯からは】

年を取ったあとの稼ぎ方を考えておく【小さな成長3020】

ストレスを溜めないようにするには寝る。

とにかく寝ることである。

仕事で働けばストレスは溜まる。

ストレスの無い仕事は無い。

ストレスをどうやって取っていくか。

いろいろなストレス解消法があるのだろうが、手っ取り早いのは寝ることである。

なので、寝ないで働くというのは最高にストレスが溜まる。

ストレスが溜まるのに、寝ないで働くという選択をしてしまう。

家族を養うために、寝ないで働いている人がいる。

寝ないで働くというのは、大変なことだ。

できる仕事は安い給料の仕事しかないから、1週間の労働時間を増やすしかない。

自分の時間を削っていくうちに睡眠時間を削ることになる。

睡眠時間を無くす選択になる。

いくら豊かな時代になっても貧乏はなくならない。

逆に、貧乏人と金持ちの差は広がる。

貧乏人と金持ちの差を縮めたらいいとは、私は思わない。

貧乏な奴が悪い。

子を育て切ったあと、子が自分を養ってくれるとは限らない。

年を取っても自力で生きていく方法を考えていく必要がある。

年を取れば労働はできなくなる。

労働以外で金を稼ぐ方法を考えていく必要がある。

■成長するために<3020>
労働以外で稼ぐ方法を考えよう。

法律相談や人生相談は金を払って専門家にする。友達や家族に人生相談をしているうちは子供である【小さな成長2992】

人生相談を友達としているうちは、子供である。

法律相談や人生相談、人間関係の相談は、司法書士や行政書士や弁護士、精神科医などその道の専門家にすることである。

責任のとれない子供は、親に早めに相談すること。

人間関係で悩んでいるときは、弁護士や精神科医に早めに相談する。

企業の専門ダイヤルに早めに電話する。

追い詰められているときは、友達や同僚、上司に相談しても解決しない。

余計に話が複雑になる。

あまり追い詰められる前に、早めに専門家に相談することだ。

心が変になる前に、早めに専門家に話す。

人生が破綻しそうと言うのではなく、愚痴や不平不満といったどうでもいい人生相談を、友達とやるのはやめることである。

くだらない人生相談は、お互い不幸になるだけ。

友達とやっている人生相談は愚痴だらけ。

愚痴や不平不満を友達と語り合って幸せになれるはずがない。

人生相談を友達とやっているうちは、ガキである。

人生相談をしてくるような友達とは、縁を切ることだ。

人生相談をしてくる人間は、友達とは言えない。

やけに親切だと思っていたら、案の定金を貸してくれというような話になる。

そういう不幸な人とは付き合ってはいけないのである。

高校生や大学生はしきりに今の人生、これからの人生について友達と話している。

電車の中で友達と今やこれからの人生を語っているのは高校生や大学生である。

ファーストフード店で、友達と人生相談を毎日しているのは高校生である。

人生相談を友達とやっているうちはガキだ。

いい社会人になっても、友達や同僚と人生相談をしている人がいる。

友達と人生相談をすればするほど、不幸になる。

人生相談を友達としても幸せにはなれない。

お互いに足を引っ張り合うからだ。

友達に相談して、やったらいいよ何て言う人はいない。

失敗しても責任はとれない。

やめておいたほうがいいよということしか、友達は言えないのである。

チャレンジは、自分で決断して自分の責任で行うことだ。

人に相談すれば、心のどこかで相手のせいにする。

うまくいかないのは、すべて自分が悪い。

環境が悪い。

タイミングが悪い。

相手が悪い。

失敗したときの環境を選んだのも自分。

チャレンジしたときのタイミングを選んだのも自分。

相手を選んだのも自分。

もし、本当に人生相談が必要なら、素人の友達にしても時間の無駄だ。

金を払って行政書士や弁護士など専門家に相談する必要がある。

金云々ではなく、何かやりたいことがあるなら自分の責任で一人でとっととやればいいだけの話である。

■成長するために<2992>
やりたいことがあるなら、一人でやろう。

安物を買って失敗する。最初から値の張る方を買うことだ【小さな成長2984】

安物で失敗するときは、買うのを止める。

買わなくて良かったというときがある。

買ったけれども、一度も使わずに捨てる物がある。

いい値段のする物の中にも、一度も使わずに捨てる物がある。

安くても高くても要らない物は使わない。

安く手に入れると、もっと高価ならもしかすると自分に合うかもしれないと思う。

安価な物を買ったあとに高価な物を買う。

結局、高価な物でも自分に合わなければ捨てることになる。

安く買っても高く買って両方捨てることになる。

値の張る物を最初に買えば、自分に合うか合わないかは1回で分かる。

安く手に入れて失敗すると、もしかしたら高価な方ならと期待する。

値の張る物なら、もしかするといいかもしれないと思う。

なら最初から値の張る方を買うことだ。

■成長するために<2984>
安物に手を出すのはやめよう。

金を一瞬で得る練習をする。金をコツコツ貯めても金は一瞬でなくなる【小さな成長2973】

頭で考えたことをやってみる。

考えたことを実際にやっていく。

どうすれば実現できるか。

始められないと思っているのは、自分。

やってみれば意外とできる。

何百万円何千万円することは、コツコツという発想でできるかは不明だ。

1年に100万円貯金しても1千万円貯めるには10年かかる。

確かにコツコツ10年かければ1千万円は貯まる。

10年後1千万円を手に入れたときにどうなるか。

本当にその1千万円を有効に使えるか。

貯める発想は、時間がかかる割に使えば一瞬でなくなる。

一瞬で1千万円がなくなり、また、10年かけて1千万円貯めるのか。

金を使って、金をもっと楽に得る方法を考える。

1千万円を一瞬で得る方法を考え実践する。

借金ではなく、不法ではなくギャンブルでもなく合法で金を得る。

コツコツやるなら、1千万円を一瞬で得る練習をコツコツやっていくことだ。

■成長するために<2973>
金を一瞬で得る練習を、少額から始めよう。