否定ばかりする人とは距離を置く。否定ばかりされていると心が歪み、自分も否定ばかりする人になる【小さな成長3258】

スポンサーリンク

否定されるとつらい。

否定されると嫌な気持ちになる。

否定されることに慣れてはいけない。

否定ばかりされていると、心がおかしくなる。

否定ばかりされていると、否定されるのが当たり前になる。

否定ばかりされていると、否定されることを我慢するようになる。

否定されるのを我慢し始めると、心が歪み始める。

本当は清い心を持っているのに否定は心を歪める。

否定は、呪いのように心を歪める。

何年も何十年も否定ばかりされていると、いつしか清い心を持っていた人も、人を否定ばかりするようになる。

否定ばかりする人には、気をつけることだ。

■小さな成長<3258>
否定するのが口癖の人とは、距離を置こう。

嫌な奴は無視する。相手にしていては精神が持たない。いくら体があっても体が持たない【小さな成長3061】

どこの職場に行っても嫌な奴はいる。

どこに行っても嫌な奴はいるわけだから、ある程度嫌な奴は我慢するしかない。

嫌な奴は我慢するか働かないか。

働く必要がないのなら働かなければいい。

だが大半は、働かなければそのうち食に困る。

仕事は覚えたら、連続でやる。

月に一度では、いつまでも仕事を覚えられない。

あまりにやる回数が少ないと、次やろうと思えなくなる。

一度やった仕事は、覚えるまで連続してやる。

初めてやる仕事は、あまりたくさん質問しない。

質問ばかりする奴はうっとうしい。

自分で考えれば分かることをいちいち質問しない。

まだ慣れない仕事をする時は、とにかく与えられた仕事を夜がくるまでやる。

連続で毎回同じことを繰り返せば嫌でも覚える。

新しい仕事をする時に嫌な思いをするのは、顎で使われること。

どこの職場へ行っても、人を人だと思っていない奴はいる。

そういうのは耐えていかないと仕事がなくなるのだから仕方がない。

そういう人を人だと思っていない失礼な奴は、相手にしなければいい。

そのうち新しい新人をつかまえていじめるのだから。

仕事が辛くて辞めていたらいくら辞めてもまた辞める。

そういう人を人と思っていない奴にいちいち悩んでいては、いくら体があっても体が持たない。

精神が持たない。

その会社自体がおかしな会社なら今すぐやめるべきだが。

普通の人が普通にいて中に人を人だと思っていない奴がいる場合は、そういう奴は相手にしなければいいのである。

■成長するために<3061>
嫌な奴は無視しよう。

家族は他人と考える。イライラは家族を破壊する【小さな成長2941】

家族は他人と考えることだ。

仕事で大変だったこと、今まで苦労しないつもりでも苦労したこと、本音を話したり愚痴をいったり家族についしてしまう。

家族なんだからと考えてしまう。

社会の中で我慢している分を、家族にぶちまけてしまう。

会社で我慢した分家族に当たり散らしていては、家族は幸せでなくなる。

イライラは、家族を破壊する。

家族、家庭はすべての礎。

家庭がぎくしゃくすれば、仕事にも身が入らなくなる。

そうなると、家族家庭にさらに八つ当たりという悪循環。

家庭内に不平不満をぶちまけていては、幸せになれるはずがない。

家族や家庭に不平不満をいわないことだ。

家族を他人と考える。

他人に不平不満をぶちまけることはそうそうない。

友達にも不平不満をいってはいけない。

友達に不平不満をいえば、友達の家族、家庭を壊すことになる。

家に帰ってきてまで、我慢したくないという。

家族に八つ当たりしてはいけない。

家族への八つ当たりこそ、我慢しなければいけないのである。

家族に八つ当たりすれば、家族は崩壊する。

家の中に、外でのイライラを持ち込まない。

イライラした状態のまま、家に戻ってきてはいけない。

ストレス発散は、家族や友人とやってはいけない。

1人でストレス発散はやる。

家族や友人には何も話さず、1人で風呂や温泉にでも入って、ストレス発散をすればいいんだ。

■成長するために<2941>
家族や友人の前では、絶対にイライラしないようにしよう。

腹が立ったら口を開く前に寝る【小さな成長2937】

喧嘩になる前に寝る。

腹が立ったら、口を開く前に寝る。

腹が立ったら、話す前に寝る。

腹が立ったら寝るのが一番。

腹が立っているときに話したら負けである。

相手を立てておけばいいんだ。

腹が立ったら、笑い飛ばす。

笑ってんじゃねえっといわれても、笑っておく。

自分が一番キレやすい時間帯を知ることだ。

自分は、どういう時にもろいのか。

自分を知るのは、簡単なようで難しい。

頭で考えているのと、実際やることは違う。

追い込まれているときに、素の自分が出る。

■成長するために<2937>
追い込まれているときは、我慢しよう。

苦労しているオーラを出さない素晴らしい人はどこにでもいる【小さな成長2932】

素晴らしい人は、どこにでもいる。

気づけていないだけである。

自分が苦労しているというのは、大間違い。

自分より苦労している人はたくさんいる。

めちゃくちゃ苦労している人ほど、自分は苦労しているとはいわない。

いつも笑っている。

笑う余裕がある。

苦労は、買ってでもしないほうがいい。

自分が苦労していると感じたときには要注意。

苦労しているオーラをだす奴に魅力はない。

苦労しているオーラを出さない奴は、素晴らしい。

苦労しているオーラを出さない奴は懐が深いし魅力がある。

どんなに苦労しても、そういうことを自慢する人間になってはいけない。

■成長するために<2932>
苦労しているオーラを、出さないようにしよう。