アイデアがうまく浮かばないときは捨てる。アイデアを全部削除して最初から考え直す【小さな成長3007】

アイデアを考えていて、パッとしないときがある。

うまくいかないアイデアは、白紙に戻してゼロからやり直すことだ。

アイデアを全部削除する。

アイデアを考えている途中で修正が何度も入ると、そのうち何が何だか分からなくなる。

アイデアがグチャグチャになったときは、全部最初からやり直す。

やり直すというより別なアイデアにする。

途中でいろいろ悩むアイデアということは、まだまだ取り組むには早かったということ。

アイデアを考える時間は、限られている。

たくさん時間をかければいいアイデアができるというわけでもない。

時間がかかりすぎて、アイデアがグダグダになる。

寝るなりやめるなりして、ゼロからやり直したほうがスッキリしたアイデアになる。

アイデアを考えていて、わけがわからなくなったらやめることだ。

アイデアを考えるのはやめて寝る。

アイデアを考えるよりも掃除をする。

アイデアを考えるよりも休憩にする。

アイデアを考えるのはやめて休みにする。

パッとしないときは、アイデアをリセットしてやり直すことだ。

■成長するために<3007>
今考えているアイデアを、捨てよう。

3分集中する。集中したあとは無理せず体を休める 【小さな成長2994】

疲れているときがある。

疲れていないと思っているときは疲れている。

意識して体を休めることだ。

無理をすると体を壊す。

無理をすると心を壊す。

無理をしても、いいことは何もない。

寝てからでも遅くはない。

急いで一生懸命やっても、大した差はつかない。

疲弊するだけ一生懸命やると損である。

集中力は、8時間は持たない。

3分くらいがいいところだ。

3分集中したあとは無理をしない。

■成長するために<2994>
3分間、集中しよう。

休む年なのか行動する年なのかをよく考える【小さな成長2940】

休む年なのか行動の年なのかを、よく考えることだ。

新年になると、今年の目標を立てる。

たいがい目標は、達成できないまま終わる。

今年も何もできなかったとがっかりする。

行動するばかりが目標ではない。

何もしないというのも、立派な目標である。

即決断即実行というのは、聞こえはいい。

特に、これから何かをやろうと考えている人にとっては、背中を押される言葉だ。

よく考える必要がある。

自分にとって、行動を起こしていい年なのか悪い年なのか。

30年40年と生きていれば、いい年とよくない年が周期的に起きていることに気づく。

自分の過去を客観的に振り返ることだ。

■成長するために<2940>
行動していい年なのか、じっくり考えよう。

本に書いてあることも18年19年くらい経つと分かってくる【小さな成長2924】

最近、驚くことが増えた。

驚くといっても、びっくりするという単純なことではない。

18年前、いや19年前か。

その頃、本を読んで、感じたこと、これは今までの自分の考え方とは違うなというなものがあった。

私は、割と単純なので、感じたことを大事にする。

あの頃は、北海道の田舎から、本州の大学へいって、さらに大学院のマスターへ進んで、そろそろ学生時代も終わる頃。

のんびりしたもので、これからどうしようとぼんやり考えてはいたものの、勉強よりもバスケばかりしていた。

今はまったくできないが、大学生活の終わり頃になってようやく興味を持った遊びもあって、よく朝までやった。

18年、19年前に思ってこんな生き方があるのかと、本で知って、やってみようと思って、そのあと社会へ出てやった。

実際は、そんな本のようにはうまくいかないことばかり。

本に書いてあることなんてうそばかりだなと働きながらよく思った。

しかし、約20年経ち、あー、本に書いてあったこと、結構当たってるなと思えるようになってきた。

まあ、はずれていることもよくあるが。

■成長するために<2924>
自分の心に熱い炎を燈してくれる本に出会おう。

予想外の悪いことが起こった時はあせらず淡々と普段通りでいく【小さな成長2895】

今あるもので、何ができるかを考えていく。

こういう時に大事なのは、どうにでもなれと思ってはいけないということ。

どうにでもなれと思ってもどうにもならない。

解決策を自分の頭で考えていく。

考えていけば必ず抜け道は見つかる。

生き抜く方法を考えていけばいい。

これからどんどん過酷になっていく。

そういう状況になった時の準備を普段から考えていく。

予想していなかった状況になった時に、大きなミスをしがちである。

予想していなかった状況になった時に急いでしまう。

急いで力ずくで何とかしようとして大きな失敗をする。

こういう時にあせってもいいことはない。

予想外の状況になった時には、基本に戻る。

いつものやり方というのがいい。

急いでもたいしたいいことはない。

予想外の悪い状況になった時は、頑張ってはいけない。

淡々と普段通りクリアしていくことだ。

■成長するために<2895>
予想していなかった悪条件の時は、淡々と普段通りでいこう。