仕事は、スタートで差をつける。 【小さな成長1101】

スポンサーリンク

仕事は、最初に勢いにのることです。

あとからテンポを上げようとしても、しんどいのです。

あとからになると障害が発生して、対応に追われることになるのです。

朝スタートした時に、加速しましょう。

朝は、寝たあとなので、頭もすっきりしています。

ルーチンでぐいぐい進めていくことです。

昼の休憩までに、全部終わらせるくらいの勢いでやると、ほとんど午前中にすべき仕事は終わってしまいます。

午後から仕事に追われることのないようにしていくことです。

早く会社にきて、中断が入らない時間帯に、仕事を終わらせてしまうことです。

集中力を切られない環境を、自分でつくりましょう。

10分中断してしまうことで、あと5分で終わった仕事が、夕方まで終わらなくなってしまうのです。

■成長するために<1101>
長時間集中出来る時間帯を、見つけよう。

目をつむって、少し休む。【小さな成長79】

電車の中で5分、目をつぶると休めます。

疲れたが和らぎます。

5分たったら、やる気も回復します。

疲れてきたなあと感じたら、5分休むことです。

トイレ休憩は、疲れを回復させるためにあります。

トイレから帰ってくると集中力が戻ります。

無理して2時間3時間続けると、集中できなくなってきます。

少し休憩をはさんで、やる気を復活させていきましょう。

■成長するために<79>
5分休んで、始めよう。

気にしないことが、大切。【小さな成長28】

あまり気にしすぎると、先に進めません。

世の中には、いろいろな人がいるし、いろいろな考え方の人がいます。

周りの人のことを気にしていると、貴重な20分を無駄にしてしまいます。

電車の中の、20分30分は大切です。

本を読めるし、SNSの更新はできるし、勉強することができます。

電車の中で本を読んだり勉強するポジションは、自分の中で決まっています。

空いているタイミングを見計らって列に並んで乗り込んで、いいポジションをキープします。

たまに、なんとなく感じの悪い人がとなりにくるときがあります。

でも、感じが悪いなあと思って車両を変えると、満員で、もういいポジションはキープできません。

車両を変えると、あとは押しつぶされながら、最後までいくことになってしまいます。

あまり考えすぎないことです。

感じが悪いなあと思った相手の方は、大した気にはしていません。

感じの悪い人に振り回されて、朝の貴重な時間を無駄にしては、もったいないのです。

■成長するために<28>
周りの人を、気にしない。

集中する時間を、少しずつ増やす。【小さな成長26】

なかなか、ずーと集中するのは、難しいことです。

あっちにいったり、こっちにいったりしてしまいます。

「寄り道しだしたなあ」とまずは気づいて、方向修正しましょう。

方向修正して、またもとの道に戻ってきましょう。

もとに戻ったら、集中し直しましょう。

「自分は、何をなっているんだ」と一瞬凹みます。

でも、もとに戻れてたのだから、またガンバって続けだせばいいのです。

あっちにいったり、戻ったりしながら、徐々に集中する時間を増やしていきましょう。

■成長するために<26>
寄り道しだしても、また戻ってきてガンバロウ。