心が感じること。心が感じるか感じないか。心で感じる頭で考えるのではなく【小さな成長3140】

心が感じることを大事にする。

心が喜ぶことをする。

気持ちが喜ぶことをする。

懐かしい道だなと思う時がある。

懐かしい道ではあるが、もう魅力は感じない。

あの時は、魅力を感じた。

今は、魅力を感じない。

体験している時は、心が弾んでいる。

体験が終わり自分が感じていたことは、もう自分の心は喜ばないと分かる。

逆に、なぜここで心を弾ませたのかと不思議に思う。

心が喜ばない。

一年に一回、十年に一回くらいのことなら少しは心が喜ぶかもしれない。

が、おそらく他に心が喜ぶことがあるなら、行くことはない。

心が喜ぶか喜ばないかというのは大事である。

頭で考えるのではなく、心が弾むかどうか。

心が喜ぶかどうか。

頭で考えて出した好きなことは、本当の好きなことではない。

心が感じることを大事にしていくことだ。

■成長するために<3140>
心が喜ぶことをしよう。

好きなことは続ける。好きなことは途中で続けるのが大変になっても継続することだ【小さな成長3136】

好きなことをするということを思い出す。

好きなことをしなくなると、まったく好きなことをしなくなる。

皆と同じことをし始める。

周りと合せ始める。

好きなことをしなくなる。

好きなことを忘れない。

好きなことを忘れないことだ。

体を休めたあとは集中して好きなことをやっていく。

集中的に好きなことをする。

息切れしないようにするには止まらないことだ。

続けることだ。

毎日続けるというのは、そんなに難しいことではない。

毎日決まったことをする。

毎日決まったことを続け目標を達成する。

体が疲れてきたと感じる時も好きなことは続けていく。

好きなことはやめないことだ。

好きなことをやめると、続かなくなる。

途中で障害があっても好きなことは続けていくことだ。

■成長するために<3136>
好きなことは障害があっても続けよう。

今を大事にしていく。自分の思っていたイメージは当てにならない【小さな成長3130】

自分の感何ていうものは当てにならない。

思い込みというのがある。

今を楽しむというのは大事である。

過去よりも今である。

今を大事にする。

イメージしていたことはことごとく外れる。

イメージ通りにはいかない。

イメージ通りではないから楽しいんだ。

思い込みというのがある。

自分で自分の思い通りの都合をイメージしている。

しかし、イメージ通りにはいかない。

試してみて分かるのは、間違いであったということ。

自分の都合でしかない。

冷静に考えてみると馬鹿みたいだと思えてくる。

もっと今を楽しむことだ。

今を充実させていくことだ。

■成長するために<3130>
今を大事にしよう。

新しいいいものを手に入れやる気アップにつなげる【小さな成長3117】

迷っていたことを始める。

何度か変えようと思っていたことがある。

変えようと思っていたが、変えられなかった。

新しいことを始める機会というのがある。

今まで続けてきたことが終わる時がある。

今まで続けていたことをやめる機会というのがある。

何となく続けてきた。

続けてはきたが、どこかでやめようと思っていた。

やめる時は、新しいことを始める機会にもなる。

何年も続けてきたことが、やめられない。

実はどこだって大した差はないのに、一つで続けてしまう。

いろいろ変えるというのは手間がかかる。

いろいろ変えようという機会の時は、手間がかかるのもそのつもりで変える。

手間がかかって前よりも質が悪くては残念である。

前よりもいいものを使う。

安ければいいというわけでもないし、高くても高いだけというものもある。

いいか悪いかは、実際に自分で使ってみなければ分からない。

変えるというのは、自分のフットワークを軽くする。

変えるとフットワークが軽くなる。

変えると、いい面悪い面を把握できる。

すべていいもの何てない。

悪い面をどうするか。

悪い面をどう良くするかを考える。

悪い面を良くする方法が分かると、フットワークが軽くなる。

やめる機会がきたら、フットワークを軽くするチャンスだ。

引っ越しも、一回で成功させようというのは無理がある。

二度三度と経験していくと、次はこうしようというのが分かってくる。

一度で成功するはずがない。

新しいことを始める時は、もっといいものを試していく。

もっといいものを使ってやる気アップにつなげる。

自分が試したいと思うことを試していく。

ある程度使ってみないと、ものの良さや悪さは分からない。

いいものはいい。

新しいいいものを使うとやる気が出る。

新しいいいものを使うとやる気がアップする。

ものの良さは使ってみなければ分からない。

安いものはそれなりである。

安いものの中にもいいものはたまにあるが、安いものの中からいいものを探すというのは時間がかかる割に得るものが少ない。

新しいことを始める時期に、今までを変える。

前に戻すよりも、新しくする。

新しいことは、新鮮である。

新しくていいものは、綺麗だしやる気が出る。

やる気が出ると、フットワークも軽くなる。

■成長するために<3117>
新しいいいものを手に入れて、フットワークを軽くしよう。

続かなくてもがっかりしない。続かないのが当たり前【小さな成長3115】

好きなことをやっていく時に、現実がある。

できるのかできないのか。

現実的にできるのか。

何年か何ヶ月か。

今はできそうにない。

続けようと思っても続かない。

今できそうもないことを無理にやろうとすると、後で苦労する。

かといって、やらないといつまでもできない。

計画的にというのも、計画的にはいかない。

好きなことを実現する時は、来年なら来年、二年後なら二年後に的を絞る。

一年二年かけて自動的にできるようにしていく。

努力というのも続かない。

努力しないで達成できるように考える。

よしやろうと思っても、実際は3日も続かないのが現実である。

続かないことを無理にやろうとしない。

続かないのが当たり前。

続かないからといってがっかりしないことである。

続けられることを続ける。

続かないことは、いくら頑張っても続かないのだから。

■成長するために<3115>
続けられることを続けて実現しよう。