好きなことを徹底的にやる時は冒険の時。普段しないことにチャレンジする時【小さな成長3084】

好きなことを徹底的にやる時は、普段しないことにチャレンジする。

今までやっていなかったことを始める時。

好きなことをする時に、時間のかかることがある。

好きなことだけできればいいが、まだ、好きなこと以外に嫌なこともしなければいけない時がある。

どうやって、好きなことだけやっていくか。

好きなことができる時は、好きなことを順序は気にしないでやる。

自分で好きなことを徹底的にやる時期と決めて好きなことを徹底的にやる。

好きなことを徹底的にやると決めて好きなことをやっている時は、自分の感覚を大事にする。

今までやっていなかったことに、チャレンジする。

感が当たらない時というのは、当たらない。

感が当たらない時は、感には頼らない。

計画的に動く。

感を大事にする時期は、感にも頼る。

好きなことを徹底的にやる時は、冒険する。

好きなことを徹底的にやる時は、普段やらないことをするチャンスである。

今までやらなかったことを始めてみると、意外といい。

もっと早くやっておけば良かったと思うことはない。

始めるタイミングというのは大事である。

何か始める時は、タイミングを大事にする。

好きなことを徹底的にやる時に始めたことを大事にしていく。

途中でうまくいかなくなっても、それは中休みの時期と考える。

どんなことでも、休みなくというのは無理な話。

休みの時があるから、うまくいくんだ。

■成長するために<3084>
休みの時期だったと考えよう。

好きなことはやらないと忘れる。好きなことをとことんやって好きなことを思い出す【小さな成長3083】

好きなことをしないでいると、何が好きだったか忘れていくから怖い。

好きなことができる生活に戻ると、思っていたよりも好きなことでやりたいことがある。

さて、どれからしようと悩む。

いい悩みだ。

悩みというのはこういうのでなきゃと思う。

好きなことは、やらないと忘れる。

自分が何が好きだったか忘れていく。

好きなことを忘れ、何が好きか分からなくなる。

とりあえず仕事に行って、帰ってきて適当に休んで、仕事に行ってという毎日になる。

仕事に行って帰ってきてを繰り返しているうちに、好きなことはまったくやらなくなる。

仕事に行っていれば何とかなるから、我慢して仕事に行くという毎日になる。

好きなことは、やらないと忘れる。

好きなことをやっていると、好きなことを思い出す。

忘れていた好きなことを思い出す。

好きなことを集中してやっていく時には、好きなことを他のことは気にしないでやる。

好きなことをコンスタントにできるようにしていくことだ。

好きなことをたくさんやる。

好きなことをする時間を増やす。

好きなことができるようになって、改めて好きなことの大切さが分かる。

好きなこと中心の生活というのは、できるようで続けるのは難しい。

好きでもないことをやりながら、好きなことをやろうとする。

好きなことより、嫌なことをやる時間が増える。

嫌なことをやる時間が増えると、好きなことをする体力が残っていない。

嫌なことは、嫌な思いをしてでもやめる。

嫌なことはやめる。

嫌なことに立ち向かう。

嫌なことに立ち向かい、嫌なことと縁を切る。

嫌なことはやめ、好きなことをする時間を増やす。

好きなことを時間を気にしないで思いっ切りやる。

そうすると、さらに好きなことを思い出す。

気になっていた好きなことを、思い出す。

好きなことを徹底的にやる期間になったら、頭の中でゴチャゴチャ計算するよりも、純粋に今やりたいことをやる。

頭の中のブレーキみたいなものは踏まず、思ったことをとことんやる。

とことん好きなことをやって、好きなことで毎日生きていくというのを思い出すことだ。

嫌なことをする生活に戻ってはいけない。

嫌なことをやめられない生活にしてはいけない。

好きなことを長くできるスタンスにする。

好きなことがとことんできる時に、好きなことを長くできるスタンスもつくっていくことだ。

■成長するために<3083>
好きなことを長くできるよう、生活を見直そう。

好きなことができない状態に追い込んではいけない。好きなことができない状態は人間をおかしくする【小さな成長3082】

好きなことが、時間を気にしないでできる。

そういう状態に、体を壊した時になる時がある。

体を壊すと普段と違う状態になる。

皮肉にも、体を壊した時に自分の好きなことができる。

毎日は、やりたくもないことをして生き、そのせいで体を壊し、好きなことができる。

何ともおかしな状態だ。

体は、体を壊すとつらいことはつらいが、自分の体というものを体を壊した時に知ることができる。

体は、普段は何も言わない。

つらいとか痛いとかは言わない。

体を壊した時に、自分の体が生きているのか知る。

生命ということを、今はコンピューターが、同じようなことをしようとしている。

しかし、まだ、二足で立って、人間と同じように仕事をしているコンピューターは見たことがない。

私が生きている間に、そういうコンピューターと出会えるかどうかというのも楽しみの一つだ。

もしかすると、もう出会っているのかもしれない。

相手がコンピューターと分からないくらい、実は技術は進んでいるのかもしれない。

今皆が普通に使っているスマートフォンも、30年前では想像もつかなかったことである。

こういうことも、体を壊した時にふと考える。

体は壊さないに越したことはない。

できることなら、体は壊したくはない。

体を壊した時にしていることを、普段からやっていくことだ。

自分が好きなこと。

自分が好きなことは、体を壊した時に再確認できる。

好きなことを考えるというのは、とても大事である。

人を恨んだり憎んだりというのは、嫌なことばかりやっていると、人間は恨んだり憎んだりする考えに覆われる。

人を恨んだり憎んだりしてもいいことは何もない。

嫌なことをやめることができればいいが、やめられないという状況になる。

嫌なことをやめられない状況になると人はおかしくなる。

おかしくなっているということに気づけなくなる。

ひどい状態なのは、体を壊しても嫌なことを休めないという状態。

休めない状態は、つくらないことだ。

もっと休めばいい。

休んで自分の好きなことをする。

好きなことをすれば、救われるのである。


■成長するために<3082>
好きなことができないほど、自分を追い込むのはやめよう。

好きなことは続ける。好きなことをやめると何も変わらないまま1年2年と経つ【小さな成長3080】

好きなことができる環境がなくなるとつらい。

不思議なもので、好きなものを手放す。

好きなことをするのに、新しい物を買う。

好きなことを再開する。

再開すると、改めて自分の好きなことが分かる。

好きなことができなくなる。

好きなことができなくなると、ずっと好きなことができなくなる。

好きなことができないまま、1年2年と過ぎる。

失敗である。

追い込まれるとミスをする。

好きなことをやめるというミスを犯す。

嫌なことを始めると、やめるのに手間がかかる。

いい人をやっていると、嫌なことをやめられなくなる。

人というのは、話しやすい人を選んで話しかけてくるから、面倒くさい。

やりたくもないことをやって嫌な思いをしたら、次からは好きなことに集中できるように、毎日を考えていくことだ。

限られた時間の中で好きなことをする。

どうやって毎日好きなことをやっていくか。

ぼーとしている時間がないと、好きなことができなくなる。

ぼーとする時間は大事である。

ぼーとできる時間があるから、好きなことができる。

毎日忙しいというのは、好きなことができない。

ぼーとできる時間があると、好きなことを考える。

今日は暇だという日が、大事なのである。

今日も仕事、明日も仕事、いつも仕事では、好きなことから遠ざかる。

仕事ばかりしていると、好きなことができなくなる。

好きなことを再開できて思うのは、続けるということの大切さ。

好きなことを続けられなくなると、まったく何も前に進まなくなる。

頓挫する。

あともう少しというところで行き詰まる。

思ったようにいかなくても、好きなことは続けることだ。

一週間に少しでもいいから好きなことを続ける。

好きなことを続けながら、毎日を立て直していくことだ。


■成長するために<3080>
好きなことをやめるというミスを犯さないようにしよう。

結果が出ないというのは、もう考えなくていいということ。もう悩まなくていいということ【小さな成長3077】

行動開始の時が来たら、一気に行動を開始する。

ここで躊躇してはいけない。

行動開始と決めていたのに迷っていては、どういう結果が出るか分からなくなる。

良い結果が出ても、悪い結果が出てもいい。

否、良い結果が出る。

良い結果が出る日を決めて行動を開始したのだから。

悪い結果が出ても、それは良い結果。

自分が悪い結果と思っていたことは、実は良い結果。

自分が思っていることは、当てにならない。

自分が思っていることが当てになるなら、悩みはない。

良い結果が出ると思ったが、そうでもないという時。

自分が思っていたようにはならなかった時。

新しいことを始める時期は、集中して新たなことを始めていく。

新しいことを始めると決めて行動を開始し、そして、思ったような結果が出ないのなら、さようならということ。

結果が出なかったということは、それだけ煩わしさから開放される。

もう考えなくていい。

もうそのことで悩まなくて済む。

自分には必要のないことなんだ。

新しいことができる。

悩みというのは、過去の煩わしさ。

どうしたらいいかと悩む。

そういう過去の煩わしい悩みは、新たなことを始める時期に一気に結果を出す。

結果が出ないという結果を出す。

新たな旅立ちなのである。

■成長するために<3077>
結果が出なかったことを喜ぼう。