目標に迷うなら今を全力でやる。次の目標は全力でやることで見えてくる【小さな成長3251】

スポンサーリンク

目標ができて目標に向かってスタートする。

目標ができたら、目標を見失わないようにする。

目標というのは大事である。

目標があることで頑張れる。

目標ができてからの道のりは長い。

簡単には目標に到達しない。

どうやって目標を達成するか。

やりたいことの実現には時間がかかる。

いつかこうなる時がくるだろうと思うことがある。

気持ちを新たに目標に向かって進もうと思う時がある。

目標に向かって前進する。

目標の達成は、簡単ではないからやりがいがある。

目標を高く設定し、日々少しずつ前進する。

目標が高いと、全然目標まで届かないと思う時がある。

前に進まないと思っても、とにかく始めることだ。

前に進まないと思っても、とにかく続けることだ。

目標は高く。

目標が低いと後悔する。

「あの時もっと頑張れば良かった」と25年経って後悔する。

始めることで、気持ちは切り替わる。

始めることで、前へ進める。

始めたら最後までやる。

始めたら終わらせる。

まずは続けられるよう毎日のすることは最小限にする。

やろうやろうと思っていたことが先延ばしになる。

途中で集中力が切れる。

目標を達成するのに大切なのは、最初の目標を立てる部分。

無理な目標があるのではない。

最初に立てた目標が間違っていることがある。

目標というのはやっかいで、やってみないと間違っていたかは分からない。

目指すべき目標なのかどうか、最初は分からない。

20年の遠回りは辛いものだが、20年遠回りして確信することがある。

目指す目標ではなかったということ。

20年の遠回りをして、方向転換を考える時がくる。

30年前の志が低かったんだと気づく。

何十年も遠回りして、最初に戻ってくる。

長い間遠回りをしたおかげて、次の目標が見えてくる。

目指す目標が分かれば迷いはない。

あとは毎日少しずつ前進するだけだ。

■小さな成長<3251>

全力でやってより高い志を立てよう。

本当にやりたいことは、子供の頃思いもしなかったこと。子供の頃やったことの理想が本当にやりたいことだ【小さな成長3247】

今までやってきたことが、大した興味のないことと感じる時がくる。

今までの約25年。

馬鹿なことをしてきたなと感じる。

この約25年間やり残したというようなことはなく、良くやった。

自分が本当にやりたいことというのは、かなり過去にやっている。

自分がやり残したことというのは、相当過去にある。

子供の頃の思いというのは大きい。

子供の頃できなかったこと。

子供の頃諦めたこと。

子供の頃諦めたことに再挑戦して気づくことがある。

当時は、何も分かっていなかった。

何て自分は馬鹿だったんだろう。

挑戦の仕方を何も分かっていなかった。

ただがむしゃらに。

ただ闇雲に。

一番大きいのは、本気ではなかったということ。

目指すべき目標が、実は定まっていなかったということ。

目指す目標は、より高くより具体的にすることだ。

目標が低いと、充実しているようで、毎日は充実していない。

嫌になるのは、目標が低いから。

高い目標があれば、嫌になるようなことをしている場合ではない。

こんなところにいては、人間が駄目になる。

人は、低いところへ流される。

低いところへは行きやすいし、ある程度我慢すれば居心地も良い。

低いところに納まって、嫌なことを我慢する毎日となる。

ため息をつく毎日。

ため息は、目の前のことについているのではない。

満たされない何かにため息をついている。

満たされない何かとは、自分が昔諦めたこと。

当時は当時で、頑張っていた。

毎日が楽しかった。

毎日は楽しかったが、何も残っていない。

思い出何ていうものは、こんなもんなんだと感じる。

何か満たされないと感じる時は、子供の頃諦めたことに目を向けてみることだ。

子供の頃諦めた大きな夢。

夢に向かって動きだす。

子供の頃、すごいと素直に思ったこと。

子供の頃素直にすごいと思ったが、無理だと思ったこと。

子供の頃は、すごすぎて目標にしなかったこと。

子供の頃は、目標にしようなどと思わなかったこと。

本当にやりたいことというのは、子供の時に目標としなかったことだ。

■小さな成長<3247>
子供の頃、思いもしなかったことに目を向けよう。

目標を定めたらすぐに行動を開始する。躊躇していると反対されやる気を失う【小さな成長3245】

学生の頃諦めたことというのは、大人になってからとても良い目標になる。

子供の頃諦めたこと。

子供の知識と経験では限界だった。

大人になり、様々な経験をしている。

大人になり得た経験は、大いに役立つ。

目標が思うように達成できないのは目標が小さいからだ。

子供の頃、学生の頃思った目標というのは大きい。

大人たちに話すと、皆口を揃えて「やめておきなさい」と言う。

大人たちは、さも分かったかのように「そんなの無理に決まっている」と言う。

子供の頃の大人は、親や学校の先生、近所のおじさんおばさん。

子供が、大人たちの想像できないことを言えば、言われた大人たちは理解できるはずもないから、とりあえず「やめておきなさい」と無難なことを言う。

大人のせいにしても仕方がない。

それが大人というもの。

今度は自分が大人になったのだから、気兼ねなく子供の頃の夢を叶えればいい。

自分の好きなこと、やってみたいことというのは往々にして反対されやすい。

反対されるような人には話さなければいい。

下手に話して反対され、やる気を失ってはいけない。

人に話すより、さっさと始めてしまうことだ。

■小さな成長<3245>
目標を定めたら、やる気を失う前に始めよう。

目標までどれくらいのところにいるのか。自分の現状を把握し今年の過ごし方を考える【小さな成長3244】

目標を定める。

今年の目標。

今年の目標を定め、行動を開始する。

早め早めの行動。

1月2月3月はすぐに過ぎる。

1月2月3月にやることを増やす。

1月2月3月の目標を設定する。

3ヶ月で達成できる目標。

今までやろうと思っていたこと以外の目標ができることがある。

立ち読みしていた時。

広告に目が止まった時。

新しいことよりも、今までやろうとしたけれども諦めたこと。

途中で終わったこと。

そういうことを思い出していくと、やりたいことが増えてくる。

やりたいことが増えるというのはいいことだ。

目標を立てて、早め早めに行動する。

暖かくなってから、と思っているとすぐに夏がくる。

元々考えていた目標がある。

元々考えていた目標とは別にやってみたいなと思うこともある。

目標を設定した時にゴールの状態をイメージする。

ゴールからほど遠いのか。

半分くらいはきているのか。

ゴールまであと少しなのか。

ゴールからどれだけ離れているのかでやり方が変わる。

目標まで、自分はどれくらいのところにいるのか。

目標までの距離で、今年の過ごし方が変わってくる。

■小さな成長<3244>
目標まで自分はどれくらい位置にいるのか把握しよう。

笑顔と元気は才能。才能があるからいつも笑顔で元気でいられるんだ【小さな成長3242】

いい人が、職場を去っていく。

いつも笑顔で元気に仕事をしていたのに。

あんなに仕事熱心で、丁寧に仕事を教えてくれて。

誰よりも仕事を知っていて、誰よりも一生懸命働いている。

いつ会っても笑顔で、出入り業者の人にも常に笑顔で接している。

毎日元気に働いている。

なのに、職場を去っていく。

「もうやってらんない」

この気持ちは、理解してもらえない。

「何であんなに頑張っていたのに辞めるの?」と言われても、辞めるものは辞める。

「笑顔で元気でなんて、もうやってらんない」と、心の底から思う。

笑顔と元気というのは、実は才能とはなかなかやっている本人は気づかない。

「いつも元気だね」と、言われる。

「めずらしく今日は元気がないね。どこか調子でも悪いの」と言われることの辛さは、いつも笑顔で元気でいる人にしか分からない。

いつも笑顔で元気というのは、実は大変なことで誰でもできるようなことではないんだ。

いつも笑顔でいることに、自信を持つといい。

いつも元気でいることに、誇りを持つといい。

いつも笑顔で元気でいられるのは才能なんだ。

いつも笑顔で元気でいられるというのは、多くの人が真似のできない才能である。

笑顔に疲れるのは、才能があるがゆえの悩み。

元気でいることに疲れるのは、実は羨ましい悩み。

「もう耐えられない」と心が決断した環境からは去って、自分の心を休めるといい。

静かに独りになって、心の回復を図る。

いつも笑顔で元気でいることは、心にとっては実はかなりの重労働。

笑顔と元気を続けたことで疲れ切った心。

ひどく疲弊した心を、ゆっくりと回復させる。

疲弊から回復した心は、さらなる高みにのぼっている。

疲弊から回復した心を持てるようになると、笑顔も元気も一段とパワーアップしている。

回復した心を持つと、素人には前と笑顔も元気も変わらないように見えるが実はまったく違う。

回復した心を持つと、より達人の域に近づくのである。

疲れた心を、十分に休める。

笑顔と元気は才能。

ゆっくり休んだあとは、パワーアップした心と共にさらに大きく飛躍することだ。

■小さな成長<3242>
笑顔と元気に、自信を持とう。