時間のかかる部分を、克服する。【小さな成長1645】

負けては、いけません。

仕事が大量にあるのは、パワーアップのチャンスです。

仕事が山ほどある職場は、多くはありません。

仕事がたくさんある場所で働く機会は、少ないのです。

「どうやって仕事を終わらせるか」と、頭を捻ります。

Continue reading “時間のかかる部分を、克服する。【小さな成長1645】”

修羅場があるから、精神力が鍛えられる。ピンチは、大いなる飛躍のチャンスだ。【小さな成長1607】

目標が定まれば、スピードアップできます。

目指すことが明確になると、それに向かって一直線に進むことができます。

センスのあることを、さらに伸ばしていくことです。

センスの先に、富があります。

チャンスは、10年に一度です。

自分のセンスに気づくのにも、10年かかります。

気づいたあとは、早いです。

今、もがいているのは、悪くはありません。

もがく中に、光があります。

闇があるから、光に気づけるのです。

つらいことは、乗り切ることです。

なぜつらい状況になっているのかを、考えることです。

他の人はできるのに、なぜ自分はできないのだろうと考えてみることです。

「できない」と言って、弱音を吐いている人がいます。

弱音を吐いている人は、「でも」と言ってばかりです。

マイナスな発想に凝り固まっています。

判断も、遅いです。

スピードをアップした方が、ミスは減ります。

感覚が、研ぎ澄まされるからです。

瞬時に、危険予測ができます。

修羅場をくぐるとは、そういうことです。

鉄砲を向けられているのに、「ちょっと待っていただけますか」と言っていては、撃たれて死んでしまいます。

不利な状況に追い込まれても、慌てないことです。

鉄砲弾が飛んできても、それを紙一重でよけられるようにしていくことです。

技プラス精神力です。

いくら技が秀でていても、精神力がなくてはピンチを脱することはできません。

気持ちが乱れそうなときに、落ち着くことです。

落ち着きを取り戻すには、自分で気づくことです。

生きるか死ぬかです。

気持ちが乱れたままでは、弾に当たって死んでしまいます。

如何にして呼吸を整えるかです。

今まで生きてきた中で経験したことのないような精神状態は、大いなる飛躍のチャンスが隠されているのです。

■成長するために<1607>
さらなる修羅場に、挑もう。

「来年こそは」という気持ちを、大事にする。【小さな成長1520】

毎年、「来年こそは」と思います。

「来年こそは」という気持ちを、持ち続けることです。

その気持ちがあれば、何とかなります。

その気持ちがなくなると、「もういいや」となってしまいます。

あきらめたら、終わりです。

10年15年、言い続けます。

それでも達成できなければ、20年25年と言い続けることです。

周りからは、見向きもされません。

それでも、自分を信じ続けることができるかです。

最初の気持ちを持ち続けることができれば、やがて本物になるのです。

どれだけうまくいかなくても、初心を貫くことができるかです。

「これになる」と決めたことを、最後までやり通すことです。

一つのことを、貫くことです。

最初の志が、大切なのです。

簡単にできることなどありません。

簡単にできることは、つまらないのです。

時間がかかるから、本物になるのです。

なかなか成功しないことを、宝にしていくことです。

うまくいかないから、タフになるのです。

何でも自分の意見を通せばいいというものではありません。

10のうち自分の意見を言うのは、1つです。

残りの9は、聞くことです。

聞いて、意見を生かすから柔らかくなるのです。

世渡りが、上手になるのです。

のらりくらりとかわす方法を、身につけることができるのです。

正義感がいっぱいでは、続きしません。

正義感は、内に秘めることです。

人がいて、仲間がいるのです。

仲間を、大事にしていくことです。

自分一人ですが、一人ではありません。

もちつもたれつというのは、分かるのに時間がかかります。

「どうして、自分ばかり不幸な目にあうの」と、思ってしまいます。

不幸は、自分が招いています。

考え方に、至らない点があるのです。

それに気づくには、時間がかかります。

もしかすると、一生気づけないかもしれません。

人のせいにする人は、一生気づけません。

厳しい人が、厳しいのではないのです。

誰もアドバイスは、してくれません。

自分で如何に謙虚に反省できるかが、これからの飛躍にかかっているのです。

■成長するために<1520>
自ら、反省しよう。

深い凹みは、大きく飛躍するチャンスだ。【小さな成長1419】

凹んだままでは、いけません。

凹みは、神様からのメッセージです。

「現状に甘んじるな」と、教えてくれているのです。

凹んだときは、さらなる飛躍のチャンスです。

こうしては、いられません。

加速するときです。

次のステージへいくスイッチが、押されたのです。

「もっともっと上を目指しなさい」と、潜在意識が語りかけているのです。

気持ちを吹っ切って、行動を開始しましょう。

凹みは、起爆剤です。

やる気アップです。

くすぶっていたことを、今こそ始めるときです。

一度スタートしたら、もう振り返らないことです。

くよくよしているだけでは、現状は変えられません。

動きだすことで、「やるぞ」という気力が湧いてくるのです。

始動することで、やる気もぐんと上昇します。

失敗したら、失敗を上回る成功を収めればいいのです。

失敗したら、「もっと上へいってやる」と思えばいいのです。

失敗の数だけ、成功できるのです。

やる気がでたら、スピードが命です。

速い方が、人間、興奮するのです。

車だと危ないですが、自分のやりたいことなら、いくらスピードを上げても平気です。

加速しましょう。

どんどんやりたいことを、進めましょう。

自分の頭が固くなる前に、始めてしまうのです。

頭が固くなると、下り坂です。

凹みは、ブレイクです。

凹んだ分だけ、大きく跳ねることができるのです。

自分の中で、何かが吹っ切れるのです。

失敗したら、もっと成功すればいい。

もっと、結果をだせばいいのです。

失敗は、成功するためになくてもならないことなのです。

■成長するために<1419>
大きく凹んだら、もっと高くジャンプしよう。