「申し訳ありません」を素直に言えるようになる。「申し訳ありません」には人間のレベルを上げる力がある【小さな成長3165】

仕事ができるようになるには、頭で考えるより素直になる。

仕事ができるようになるには素直になることである。

扱いにくい人間になるとひねくれる。

ひねくれていては、仕事はできるようにはならない。

仕事ができるようになるには、より高いものを目指すことだ。

現状に満足すると、行動力がなくなる。

行動力とは、新しいことにチャレンジする力。

新しいことにチャレンジするには勇気がいる。

新しい人間関係がある。

人間関係に強くなるには苦手を克服する。

好きなことをするのもいいが、苦手も克服する。

好きな人といるのは心地良い。

好きな人といるのもいいが、より魅力的になるには苦手な人を克服することだ。

苦手な人を克服するのは挑戦である。

今まで苦手な人は避けてきた。

苦手な人を避けると楽ではあるが、行動範囲が狭くなる。

苦手な人を克服し、行動範囲を広げることだ。

苦手な人を克服するには、礼儀正しくあること。

暴言侮辱に屈しないようにするには、どんなことがあっても礼儀正しくあること。

「申し訳ありません」以外話す言葉がなくたっていい。

「申し訳ありません」と、素直に言えるようになるとワンランクもツーランクも人間のレベルは上がる。

■小さな成長<3165>
「申し訳ありません」と素直に言えるようになろう。

罵倒する人と理性で戦うのではない。感じることだ【小さな成長3150】

罵倒する人に最初は驚く。

何で罵倒するような人がリーダーなんだと思う。

人を奴隷扱いするリーダーになんかついていけないと、人は去っていく。

人を罵倒する人というのは、かなり精神が病んでいる。

だが、相手は病気だと思われれば余計に腹を立てる。

人を罵倒する人は、自分の欲望が満たされないから人を罵倒する。

相手をコントロールし、自分の欲望を満たしたいのである。

相手にコントロールされないようにと身構えれば、今度はこちらが欲望の塊となる。

欲望と欲望のぶつかり合いに平和な日々は訪れない。

かと言って、相手にコントロールされれば奴隷生活となる。

嫌々やっていると、奴隷生活からは抜け出せない。

考えるのではなく感じることが大事だ。

直感である。

直感は当たる。

嫌々やっていると感は鈍くなる。

この人切れるというのは分かる。

切れられては、最悪殺されてしまう。

人は、切れれば何をするか分からない生き物である。

追い込まれているから、罵倒するのである。

それ以上追い込んでは切れてしまう。

理性的な態度は、余計に相手を苛立たせる。

直感を働かせ、相手が切れないよう愛で包むのである。

■小さな成長<3150>
相手が切れる前に感じよう。

今興味のあることを楽しむ。来年も興味があるとは限らない【小さな成長3145】

自分の好きなことを追求していくというのは楽しい。

今興味のあることを、もっと楽しんでみることだ。

今興味のあることが、来年も続いているとは限らない。

飽きることは十分にあり得る。

飽きるのは、時間が経ったから。

時間が経てば飽きる。

飽きたら、他のことを始めればいいだけの話。

今興味のあることは、とことん楽しめる。

楽しめる時に楽しんでおく。

飽きてしまえば、もう楽しめない。

楽しめる時に楽しむことだ。

■小さな成長<3145>
今興味のあることを、楽しもう。

余裕のある生活を送る。いっぱいいっぱいな人に魅力はない【小さな成長3138】

極めていくというのは大事なんだなと思う時がある。

今までやってきたことが役に立つ。

毎日の生活に余裕ができる。

心に余裕ができる。

心に余裕があると、新しいことにも挑戦できる。

この人は、今いっぱいいっぱいだなと感じる時がある。

余裕がない。

話をしても余裕がない。

遊び心がない。

いっぱいいっぱいな人は魅力的ではない。

経験の差というのがある。

その時その時で、経験できることは違う。

恐い顔をしている人というのは、余裕がない。

人を寄せつけないのは余裕がないから。

恐い顔をしている人には魅力がない。

少しくらい優しい顔をしても、損ではない。

たまには、優しい顔になってみることだ。

■成長するために<3138>
自分の表情を、見よう。

おおらかに生きる。おおらかでなくなると人の悪いところばかり気になり始める【小さな成長3131】

おおらかというのは大事である。

おおらかに生きる。

おおらかでなくなると、人の悪いところばかり気になり始める。

誰にだって、悪いところはある。

相手は威張っていないのに、威張っていると悪く考える。

人の悪いところが気になり始めると、悪いところだらけになる。

あの人はここが悪い。

この人はここが悪いと悪いところしか見えなくなる。

いいところは忘れ悪いところはいつまでも覚えている。

悪いところはいつも見えるから、ますます悪いところだらけになる。

人の悪いところばかり見ていると悪口が増える。

悪口を言い始めると、嫌な人間になる。

悪くないのに、悪く物事を考えるようになる。

おおらかに礼儀正しく。

感じがいい悪い何ていうことは気にしないことだ。

相手は、全然感じ悪くない。

全然感じ悪くないのに、感じが悪いと過剰に反応する。

おおらかな気持ちでいることだ。

おおらかに毎日を過すことだ。

■成長するために<3131>
おおらかに生きよう。