ハッとする感覚。心が感じた感覚。瞬間に感じたことを大事にする【小さな成長3222】

スポンサーリンク

「この人は駄目だ」と、ハッとする瞬間がある。

感覚が鈍くなると、自分に合わない人が分からなくなる。

慣れというのは、自分の感覚を麻痺させる。

慣れると、ハッとしなくなる。

なぜというのは頭の感覚。

心の感覚になぜはない。

心の感覚に理由はない。

心がそう感じるから。

心の感覚が鈍くなると、自分に合わない人を逆にいい人なんじゃと思い込む。

冷静になるのとは違う感覚。

冷静に考えるのではない。

この人は合わないというのは、瞬間的に思う感覚である。

睡眠は大事だ。

しばらく間を置くというのも、とても大事だ。

睡眠を取ることで、自分の感覚が回復する。

しばらく間を置くことで、ハッとできる。

ハッとした感覚というのは、心が感じた感覚。

心が感じた感覚というのは、頭が考えた感覚とは違う。

ハッとした感覚は、頭が計算した感覚とは違う。

心は計算しない。

心の感覚は、素直な感覚。

心の感覚というのは、芸術に触れた時のような素直な感覚。

心の感覚というのは、おぞましいものにゾッとする感覚。

自分の感覚が回復すると、心が安らぐ。

心の感覚が回復すると、危険を察知する。

ハッとする感覚を大事にする。

計算しないことだ。

頭は計算したがる。

損か得かと、頭は計算したがる。

本当は良くないのに、もしかすると良いこともあるんじゃないかと頭は心を迷わす。

心で感じるには、計算しないこと。

心で感じるには、最初の素直な感覚を大事にすることだ。

■小さな成長<3222>
心が素直に感じたことを、大事にしよう。

心が感じること。頭で考えたことより心が感じたことを楽しみにする【小さな成長3221】

自分の好きなことをする日を決めると楽しみが増える。

この日にすると決める。

この日というのは、一週間後であったり一ヶ月後であったり一年後であったり。

考えるというのは良いことなのかと今までは思っていた。

大学へ行った時も「もっとよく考えろ」と言われた。

最近は、考えるよりも感じることを大事にしている。

頭で考えるよりも、心で感じる。

自分の心が楽しいと感じること。

自分の心が待ち遠しいと感じること。

そういう心が感じることを大事にする。

自分の心が待ち遠しいと感じることをカレンダーに書き込む。

自分の心が待ち遠しいと感じることを楽しみにすることだ。

■小さな成長<3221>
自分の心が感じることを見つけよう。

自分の心を守る。嫌な人間といつまでも一緒にいてはいけない【小さな成長3214】

「ああ嫌だ」と心の底から思う時がある。

そういう時に気づける。

早くこの環境とは縁を切ろうと心の底から思う。

腹の立つ人間というのは、長い間そういう人間として生きてきているわけなのだから、今更どうにもならない。

そういう人間をどうにかしようと思うだけ時間の無駄。

腹を立てるだけ時間と労力の無駄である。

もし、真剣にこちら側に危害を加えてくるのなら専門家に相談しなければいけない。

弁護士や警察ではなく、その道のプロに相談する必要がある。

警察というのは現行犯にはすぐ動いてくれる。

しかし、現行犯ではすでに遅いのである。

腹の立つ人間には関わらないのが一番である。

腹が立つくらいならまだいいが、恐怖する状態となると良くない。

いつまでもそんな環境にいることはない。

自分の好きなことに磨きをかけ、嫌な環境からはおさらばすることだ。

嫌な人間といつまでも一緒にいてはいけない。

嫌な人間といつまでも一緒にいては心がおかしくなる。

■小さな成長<3214>
嫌な人間とは決別しよう。

誰かのために頑張り過ぎない。我慢して頑張るとそのうち嫌になる【小さな成長3211】

我慢しなければいけないことは最初から目標にしない。

我慢して今まで散々うまくいかなかった。

行動を起こすことで、こういうことは自分には向かないというのは身を持って経験できる。

自分に向いていないことで目標を立て頑張ろうとすると、今までと同じことの繰り返しになる。

自分に向いているかどうかはやってみなければ分からない。

自分に向いているかはやってみなければ分からないが、今まで生きてきて、もうそれはやらないというものも沢山ある。

行動に移すことで、自分に向いていないものが分かる。

向いていそうで向いていないことがある。

興味がないのに我慢してやろうとする目標は続かない。

誰かのためにということを考え始めると好きではない事を目標にする。

好きでもないのに、自分の心に嘘をついて努力を始める。

誰かのためにと考え始めた時は、気をつけることだ。

誰かのために頑張り始めると、自分の心が感じることとは反対のことを始める。

誰かのために頑張り始めるが、そのうち「こんなに私は頑張っているのにどうして」となる。

「こんなに頑張っているのに」と考え始めるとそのうち嫌になる。

誰かのために頑張ることも時にはあるだろう。

誰かのために頑張る時は、無理はしない。

適当に流すことも大事だ。

■小さな成長<3211>
誰かのために頑張り過ぎないようにしよう。

目標を立てる時は心が感じることにする。頭で考え立てた目標は続かない【小さな成長3209】

新たな目標を立てる。

叶わないことはやり方を変える。

目標を立てたが叶わなかったこと。

続かなかったというのは、そんなに落ち込むこともない。

続かなかったということは続けようと自分に無理をしていたということ。

自分に無理をして続けていることは、何れ続かなくなる。

続かなかったことで、自分の好きなことも分かる。

続かなくてもがっかりすることはない。

続かなかったことで他の目標が立てられる。

少し遠くに次の目標を設定する。

これからどうするかのんびり感じていく。

星や朝日を見ながらこれからどうしようか感じていく。

頭でいろいろ考えることというのは無理が生じる。

自分の心は無理だといっているのに、自分の頭が無理を許さない。

しかし、自分の頭が無理にやらせていることは何れ続かなくなる。

自然を感じるところへいって自分の心に聞いてみることだ。

これからどうするか。

目標も、頭が考えた目標を立てるのではなく心が感じる目標を立てる。

自分の心に素直に。

■小さな成長<3209>
心が感じる目標を立てよう。