笑顔と元気は才能。才能があるからいつも笑顔で元気でいられるんだ【小さな成長3242】

スポンサーリンク

いい人が、職場を去っていく。

いつも笑顔で元気に仕事をしていたのに。

あんなに仕事熱心で、丁寧に仕事を教えてくれて。

誰よりも仕事を知っていて、誰よりも一生懸命働いている。

いつ会っても笑顔で、出入り業者の人にも常に笑顔で接している。

毎日元気に働いている。

なのに、職場を去っていく。

「もうやってらんない」

この気持ちは、理解してもらえない。

「何であんなに頑張っていたのに辞めるの?」と言われても、辞めるものは辞める。

「笑顔で元気でなんて、もうやってらんない」と、心の底から思う。

笑顔と元気というのは、実は才能とはなかなかやっている本人は気づかない。

「いつも元気だね」と、言われる。

「めずらしく今日は元気がないね。どこか調子でも悪いの」と言われることの辛さは、いつも笑顔で元気でいる人にしか分からない。

いつも笑顔で元気というのは、実は大変なことで誰でもできるようなことではないんだ。

いつも笑顔でいることに、自信を持つといい。

いつも元気でいることに、誇りを持つといい。

いつも笑顔で元気でいられるのは才能なんだ。

いつも笑顔で元気でいられるというのは、多くの人が真似のできない才能である。

笑顔に疲れるのは、才能があるがゆえの悩み。

元気でいることに疲れるのは、実は羨ましい悩み。

「もう耐えられない」と心が決断した環境からは去って、自分の心を休めるといい。

静かに独りになって、心の回復を図る。

いつも笑顔で元気でいることは、心にとっては実はかなりの重労働。

笑顔と元気を続けたことで疲れ切った心。

ひどく疲弊した心を、ゆっくりと回復させる。

疲弊から回復した心は、さらなる高みにのぼっている。

疲弊から回復した心を持てるようになると、笑顔も元気も一段とパワーアップしている。

回復した心を持つと、素人には前と笑顔も元気も変わらないように見えるが実はまったく違う。

回復した心を持つと、より達人の域に近づくのである。

疲れた心を、十分に休める。

笑顔と元気は才能。

ゆっくり休んだあとは、パワーアップした心と共にさらに大きく飛躍することだ。

■小さな成長<3242>
笑顔と元気に、自信を持とう。

苦手を克服する。苦手なことにも挑戦し自分の心をもっと丈夫にする【小さな成長3240】

自分の苦手を克服する。

自分の苦手なことを克服することだ。

好きなことをやるなら、苦手なこともやる。

好きなことをやりながら、苦手なことも続ける。

自分の長所を伸ばすのは大事だが、短所も克服する。

自分の好きなことをやろうとすると、自分の苦手なことをやらなくなる。

自分の好きなことができるのはいいが、いつまで経っても苦手を克服できない。

苦手というのは、尾を引く。

苦手から逃げることがある。

苦手から逃げなければ、自分の心が引き裂かれるという時。

自分の心が壊れるようなことからは、逃げないといけない。

壊れた心は、治らない。

心が壊れるようなひどいことではなく、まだ耐えられる苦手なことがある。

嫌で逃げた苦手なこと。

時間と共に、心は成長することができる。

時間と共に、もっとひ弱な心になることもある。

自分の心を鍛える。

苦手を克服し、自分の心をもっと丈夫にする。

自分の心が丈夫になると、ちょっとやそっとのことではめげなくなる。

自分の心を丈夫にし、さらなる高みを目指すことだ。

■小さな成長<3240>
苦手なことに、改めて挑戦しよう。

どんなに落ちても心を大事にする。心が荒んでは元に戻れない【小さな成長3229】

落ちるところまで落ちたら、次は上に行く。

落ちるところまで落ちるのに勇気はいらない。

自分がやりたいことをやっていると、いつの間にか深いところまで落ちている。

「よくもまあこんなに落ちたな」と笑える。

落ちるところまで落ちても、下には下がある。

「これよりも下にはいけないな」というところが自分の限界。

自分もこんなもんかということだ。

下の下には敵わない。

自分の命が大事だし自分の心も大事。

下へ行くと不思議な経験をする。

落ちるところまで落ちて「これ以上は落ちたくない」と思う。

これ以上落ちたくないと思えればいいが、これ以上落ちたくないと思えないと悲惨だ。

心の成長というのは大事である。

心が成長することで、受け入れられるようになる。

いくら年を取っても、年と共に心が成長するとは限らない。

年を取ってどんどん心が荒んでいくこともある。

心が成長しないままの人はたくさんいる。

■小さな成長<3229>
どんなに落ちても、心を見失わないようにしよう。

ハッとする感覚。心が感じた感覚。瞬間に感じたことを大事にする【小さな成長3222】

「この人は駄目だ」と、ハッとする瞬間がある。

感覚が鈍くなると、自分に合わない人が分からなくなる。

慣れというのは、自分の感覚を麻痺させる。

慣れると、ハッとしなくなる。

なぜというのは頭の感覚。

心の感覚になぜはない。

心の感覚に理由はない。

心がそう感じるから。

心の感覚が鈍くなると、自分に合わない人を逆にいい人なんじゃと思い込む。

冷静になるのとは違う感覚。

冷静に考えるのではない。

この人は合わないというのは、瞬間的に思う感覚である。

睡眠は大事だ。

しばらく間を置くというのも、とても大事だ。

睡眠を取ることで、自分の感覚が回復する。

しばらく間を置くことで、ハッとできる。

ハッとした感覚というのは、心が感じた感覚。

心が感じた感覚というのは、頭が考えた感覚とは違う。

ハッとした感覚は、頭が計算した感覚とは違う。

心は計算しない。

心の感覚は、素直な感覚。

心の感覚というのは、芸術に触れた時のような素直な感覚。

心の感覚というのは、おぞましいものにゾッとする感覚。

自分の感覚が回復すると、心が安らぐ。

心の感覚が回復すると、危険を察知する。

ハッとする感覚を大事にする。

計算しないことだ。

頭は計算したがる。

損か得かと、頭は計算したがる。

本当は良くないのに、もしかすると良いこともあるんじゃないかと頭は心を迷わす。

心で感じるには、計算しないこと。

心で感じるには、最初の素直な感覚を大事にすることだ。

■小さな成長<3222>
心が素直に感じたことを、大事にしよう。

心が感じること。頭で考えたことより心が感じたことを楽しみにする【小さな成長3221】

自分の好きなことをする日を決めると楽しみが増える。

この日にすると決める。

この日というのは、一週間後であったり一ヶ月後であったり一年後であったり。

考えるというのは良いことなのかと今までは思っていた。

大学へ行った時も「もっとよく考えろ」と言われた。

最近は、考えるよりも感じることを大事にしている。

頭で考えるよりも、心で感じる。

自分の心が楽しいと感じること。

自分の心が待ち遠しいと感じること。

そういう心が感じることを大事にする。

自分の心が待ち遠しいと感じることをカレンダーに書き込む。

自分の心が待ち遠しいと感じることを楽しみにすることだ。

■小さな成長<3221>
自分の心が感じることを見つけよう。