喧嘩するほど仲がいいというのは嘘である【小さな成長2942】

スポンサーリンク

無理に、コミュニケーションしないことだ。

コミュニケーションしなければいけないということは、相手を信頼していないということ。

喧嘩するほど仲がいいのかどうか、よく考えてみることだ。

もし、本当に喧嘩するほど仲がいいのなら、1年中喧嘩している家族はとても仲がいいということになる。

実際は、1年中喧嘩している家族は、仲が非常に悪い。

喧嘩は、いわなくていいことをいってしまう。

相手に、いわせなくていいことをいわせてしまう。

いわせなくていいことは、いわせる必要などない。

喧嘩しそうなときは、何もいわないことだ。

思ったことは一切口にださない。

ふくれっ面になりそうなときは、笑う。

笑って、何もそれ以上いわないことだ。

■成長するために<2942>
いわせなくていいことは、いわせないようにしよう。

腹が立ったら口を開く前に寝る【小さな成長2937】

喧嘩になる前に寝る。

腹が立ったら、口を開く前に寝る。

腹が立ったら、話す前に寝る。

腹が立ったら寝るのが一番。

腹が立っているときに話したら負けである。

相手を立てておけばいいんだ。

腹が立ったら、笑い飛ばす。

笑ってんじゃねえっといわれても、笑っておく。

自分が一番キレやすい時間帯を知ることだ。

自分は、どういう時にもろいのか。

自分を知るのは、簡単なようで難しい。

頭で考えているのと、実際やることは違う。

追い込まれているときに、素の自分が出る。

■成長するために<2937>
追い込まれているときは、我慢しよう。

思ったことは今すぐに終わらせる。後でと思って後でやった試しがない【小さな成長2881】

思ったことは時間を計って、今すぐに終わらせていくことです。

あとでと思って、あとでやった試しがない。

集中し出すと、人間の集中力はたいしたもので、一気に終わらせることができる。

時間を計るといいのは、自分が思っているよりも時間がかかっているということ。

1分くらいで終わっていると思っていても、実際は2分半とか3分近くかかっている。

今は、わざわざストップウォッチを買わなくても、スマホでラップを計ることができる。

ルーチンでやる仕事は、ラップを計ってみましょう。

1回を何分で終わらせられているか。

ラップを計ると、思ったよりも時間がかかっていてがっかりする。

じゃあどうしようと次の方法をすぐに試すことができる。

やりながら、どこに時間がかかっているのか調べながら動くことができる。

ちんたらやっているといつまでたっても仕事は終わらない。

集中して一気に終わらせていくことです。

一気にノルマを終わらせて、終わったあとはのんびりする。

サポートに回る必要などない。

自分でどんどん仕事を終わらせていけばいいのです。

■成長するために<2881>
ラップを計って、さらなるスピードアップを図ろう。

振り回される付き合いは断り1人の世界に没頭する【小さな成長2863】

いつまでに何々をしなければいけないという状態にしないことです。

そういう時に大事なのが断るということ。

断ることができるようになると、とても身軽になれます。

断ることができるようになると、自分の時間が劇的に増えます。

今まで、断れずにいて時間がなかなか手に入らなかった。

断らないと自分の時間は、どんどん奪われていきます。

人がどんどん寄ってきて、お願いごとをされて自分の時間がなくなっていく。

そのうち信じられないお願いをしてくるやつまでいる。

興味のないことどうでもいいこと嫌いなことは、キッパリと断ることです。

どうでもいい付き合いは断って、自分の時間を増やしましょう。

自分1人の時間を増やして、自分の好きなことに集中しましょう。

付き合いのために頑張ると、次からは嫌になります。

付き合いで頑張るのを、今日からやめにすることです。

付き合いをなくして、自分1人の世界に入りましょう。

好きなことをする時は1人がいい。

好きなことに没頭したい。

色々なこだわりがあるから、人に振り回されたくないのです。

■成長するために<2863>
断って1人の世界に入ろう。


★最新エントリ★

●自分の責任でこれからを決め未知の世界に挑戦する【小さな成長2862】

自分の責任でこれからを決め未知の世界に挑戦する【小さな成長2862】

●好きなことに集中して取り組む期間は、徹底的に節約する【小さな成長2861】

好きなことに集中して取り組む期間は、徹底的に節約する【小さな成長2861】

●深く落ち込んだ時には3年くらい小説を読み漁る【小さな成長2860】

深く落ち込んだ時には3年くらい小説を読み漁る【小さな成長2860】

どうでもいい人に腹を立てている暇があったら、もっと大切にすべき人を大切にする【小さな成長2850】

どうでもいい人に腹を立てないことです。

どうでもいい人は無視しましょう。

どうでもいい人に何か頼まれたら「嫌です」と、感情を無にしてきっぱり断ることです。

腹を立ててはいけません。

徹底的に相手にしないことです。

嫌なやつはうっとうしいです。

どうでもいいやつに腹を立てないことです。

もっと大切にすべき人を大切にしましょう。

大切にすべき人を大切にするには、大体でいいやと考えることです。

大体でいいやと思えると余裕が出てきます。

大切な人に一生懸命になってはいけません。

大切な人のことは、放っておくことです。

1人の時間は大切だし1人にしておいてほしいのです。

休みの日に、大切な人に連絡をしてしまいがちです。

1人でどこへでもいけばいいのに、大切な人に連絡してしまうのです。

大切な人のことは放っておきましょう。

大切な人に連絡している暇があったら、もっと自分の好きなことを前進させるのです。

■成長するために<2850>
1人で自分の好きなことに没頭しよう。