PocketのGoogle Chrome拡張機能 を追加して、気になるWebページをワンクリックで簡単保存。

スポンサーリンク

Pocket___Using_Pocket_for_Google_Chrome_PocketのGoogle Chrome拡張機能 を追加して、気になるページをワンクリックで簡単保存。

PocketのGoogle Chrome拡張機能 を求めて

Google Chrome用のPocketを探してみたしまぷーです。
Pocketは、気になるWebページを簡単に保存できるアプリケーションです。

スポンサーリンク

PocketのGoogle Chrome拡張機能 「Save to Pocket」インストール手順

ちょっと見つけにくかったのですが、Pocket | Using Pocket for Google Chromeを探し当てました。
インストールは簡単です。

拡張機能名はSave to Pocket

PocketのGoogle Chrome拡張機能 の名前は、Save to Pocketと言います。
ページの中の「click here」からChrome Web Store – Save to Pocketへ行きます。

Save to Pocketを追加

インストールページへ行ったら、右上にある+ FREEをクリックします。
Chrome_Web_Store_-_Save_to_Pocket

Addでインストール

+ FREEを押すと、ポップアップが出るので、Addでインストールします。
Chrome_Web_Store_-_Save_to_Pocket

Pocketのマークが現れインストール完了

Chromeの右上にPocketのマークが現れて、インストール完了です。
Pocket__Installed
Webページを読んでいて、このPocketのマークを押せば、簡単に保存できます。

Google Chromeで情報収集

前回書いた記事

読みたい記事を保存できるPOCKET に、サインアップしてみた。

スポンサーリンク

でPocketへのサインアップ方法を書いたのですが、この時は、Safariを使っていました。

私は、もともとWindowsの時は、Google Chromeを使っていました。
Macを買って、最初Google Chromeを使ってみたのですが、入力やプルダウンメニューの選択がうまくいかず。

「Macは、Safariか」と思って、Safariを使うようになりました。

Macを1年使って、最近はようやく操作方法にも慣れてきて、情報収集には、やっぱりGoogle Chromeの方がすぐれているんですね。

なので、最近は、Google ChromeとSafariの両方を使っています。

そんなに使い分けているわけではないのですが、せっかくSafariの操作も覚えたので、忘れないよう両方使っています。

このPocketを使うと、ワンクリックで記事の保存ができるので、あとでまとめ読みするのに便利ですよ。

スポンサーリンク