謝罪の王様ー謝罪は、自分だけの武器になる-

映画「謝罪の王様」オリジナル・サウンドトラック

今日は、謝罪の王様を観てきました。

謝るというのは、考えさせられます。

謝るのは、簡単なことではありません。

スポンサーリンク

誰でもできることでは、ないです。

謝るのは、才能です。

場の空気が、あります。

何でも謝ればいいというものではありません。

謝りたくても、謝れないときもあります。

「謝罪の王様」は、笑いあり苦労ありの中から謝ることについて、考えさせてくれます。

久々に、エンドロールの最後まで観ました。

ストーリーがつながっていて、観終わったあとに、もう一度観直したい映画です。

スポンサーリンク

DVDがでたら、借りてこようと思います。

今の生活が、謝ってばかりの毎日なら、その怒りや苦しみを原動力に、飛躍できます。

謝るのは、忍耐力がいります。

形だけでは、逆効果となります。

謝るというのは、全神経をつかいます。

流れがあるし、タイミングも重要です。

謝ってばかりなら、自分の才能を見つけるチャンスです。

思い悩んだ分だけ、強くなっています。

ショックの数だけ、タフになっています。

腹が立って仕方がない経験を経て、一回りも二回りも器が大きくなります。

悩んだ分だけ、思いは伝わります。

気持ちを、伝えてみましょう。

どうすれば仲直りできるか、考えてみましょう。

スポンサーリンク

苦労を重ねた分、気持ちの伝わり方もちがっていくのです。

■映画でやる気アップ【2】
謝る力を、才能に変えよう。

スポンサーリンク