手一杯なときこそ、アイデアを生み出すチャンスだ。【小さな成長1641】

スポンサーリンク

「何で自分だけ」と思ってしまうと、憎しみになります。

憎んでも、いいことはありません。

敵意が増すだけです。

自分だけと思ってしまうと、ぎくしゃくします。

何でと思うよりも、自分一人でやるにはどうすればいいかと考えていくことです。

発想を転換することです。

最終的には、一人です。

憎しみは、復讐になります。

復讐をすれば、滅ぼされます。

やられたらやり返すでは、争いしか生みません。

争えば、さらに傷つきます。

それよりも、どうすれば自力をつけられるかと考えていくのです。

今は、自動化の時代です。

全部自分でやるには、限界があります。

どれだけ自動化の仕組みをつくれるかです。

寝ている間に稼ぐ発想は、大事です。

寝ている間に稼ぐというのは、自動化をつくるということです。

簡単ではありません。

簡単ではないから、オリジナルになるのです。

明日を変えるには、発想を変えることです。

どんなに大変でも、感謝の気持ちを忘れないことです。

誰も頼りにしなければ、感謝の気持ちが生まれます。

不思議と手伝ってくれる人が、現れます。

実は、大変なのは自分だけではないのです。

自分よりも大変な人は、たくさんいます。

仕事がたくさんあるというのは、幸せなことです。

仕事をしたくても、できない時代があるのです。

手一杯なときこそ、早くやるアイデアを考えるチャンスです。

どうして自分だけと思ってしまうと、自分で自分を苦しめることになるのです。

■成長するために<1641>
自分だけと思わないように、しよう。