「デビアスなメイドたち」シーズン2第5話「争いの種」-人間関係もつれ始める

スポンサーリンク

ご近所から騒音の苦情がと言う警官に、40分前でしょ?遅いわよと言うカルメン。

何を飲んでる?16歳とかだろと警官はタイに聞く。

うれしいけど39歳だ。妻に聞いてみてとカルメンの肩を抱こうとするタイ。

タイの腕を振り払って、17歳よとカルメンは言う。

スポンサーリンク

アルコール検査をと言う警官に、人権侵害だ。断ると言うタイ。

では連行すると警官は言う。

私が困るわと言うカルメンの言葉を無視して警官はタイを連行しようとする。

だから、やめてってと言って警官の腕を叩くカルメン。

カルメンとタイは一緒に連行される。

ビバリーヒルズ警察

叔父さんに怒られる。僕のせいじゃないと言ってと言いながら鉄格子の中を行ったり来たりしているタイ。

私がかばうと思う?クビになるわ。

止まって!イライラするとカルメンは言う。

優しくしてよ。僕はストレスに弱いんだと言うタイに、もう同情しないわよ。このズル男と言うカルメン。

不幸体験で競いたい?当然私の圧勝よ。

アレハンドロ・ルビオを?殺されたことも?私の腕の中で死んだわ。大事な人の瞳から光が消えること以上の不幸がある?とカルメンは言う。

鉄格子を開け、叔父さんが保釈金を払ったぞと言う警官。

パーティーは僕のせいにとタイは言う。

あなたに事件の責任はないわと言ってカルメンは出ていく。

ツアーにはいくなと言うニコラスに、私が決めることよとマリソルは言う。

奴と2人になりたいのか?と言うニコラス。

二度とゴメンだ。不信感や被害妄想もと言うニコラスに、二度と?と聞き返すマリソル。

スポンサーリンク

ダリアは浮気をとニコラスは言う。

私はダリアじゃない。絶対に裏切らないわとマリソルはニコラスに言う。

安心したよ。嫉妬すると僕でなくなると言ってニコラスはマリソルにキスする。

徐々に激しくなるニコラスのキスに体を離すマリソル。

真剣な仲なの?気持ちを知れてよかったよ。君が幸せならいいとレミはヴァレンティナに言う。

今でも愛しているわと言うヴァレンティナに、そんなの余計つらいよとレミは言う。

家の中で走らないでとミゲルに注意するロージー。

振り返った瞬間、ロージーの手がルシンダが作った像にぶつかり像は床に落ちて壊れてしまう。

帰ってきたルシンダに謝るロージー。

掃除をしていたら、息子が走ってきたのでと説明しようとするロージー。

ルシンダはミゲルを呼びつける。

壊したのが息子で幸運ね。あなただったら即クビよと言うルシンダ。

ミゲルを叱るフリをするロージー。

ミゲルは泣いたフリをして走っていく。

ミゲルと仲良くラジコンをいじっているケネスを見て、ルシンダは歩いていく。

一人でいるルシンダに、ルシンダ様大丈夫ですか?またミゲルが何かしましたか?と聞くロージー。

父に最後に叩かれたのは6歳の時。いい子でいれば叩かないと言われたわ。お手伝いをして口答えをしない完璧な娘になった。15歳までね。

15歳の時に恋に落ちたのよ。妊娠した。父は激怒して子供は手放せと。娘は無理やり養子に。父は、私以外の子は愛せないんだ。そう自分に言い聞かせてきた。

でも、父とミゲルを見て分かったわ。思い違いだった。

あなたの質問に答えるなら問題はミゲルじゃないわとルシンダはロージーに言う。

アフリカで死にそうな時も彼女が心の支えだったと言うレミに、悪いけれど力にはなれませんと言って部屋を出ていくゾイラ。

僕には彼女だけだ。結ばれる運命なんだと言うレミに、取り戻してあげる。約束するわとジャンヴィエーヴは言う。

中庭は終了と言うタイに、この部屋はまだかかるぞと言ってゴミを集めるスペンス。

さっきは怒ったけど元気になってよかったと言うスペンスに、叔父さんのおかげだよ。あとカルメンのと言って、タイは外へゴミを捨てにいく。

叔父さんの家、豪邸だなとタイに声をかけるイーサン。

まだ悪夢を見ると言うタイに、あれは事故だったとイーサンは言う。

カーターが殺したんだと言うタイに、俺たちの記憶では違うと言うイーサン。

テメエは孤立無援ってことだと言うイーサンに、クソ野郎。僕に罪を着せる気かと言い返すタイ。

テメエが黙っていれば何もしねえよと言ってイーサンは帰っていく。

第5話「争いの種」の感想

アレハンドロの屋敷の前で自殺を図った少年は、スペンスの姉の息子タイでした。

このタイが、スペンスの家にやってきます。

カルメンは、タイが自殺を図ったということはスペンスから聞かされていますが、アレハンドロの屋敷の前で自殺を図ったのがタイだったというところまでは知らないようです。

ヴァレンティナと仲良くなったイーサンは、タイと友達。

しかも、イーサンもタイもアレハンドロの屋敷を襲った強盗の一味でした。

レミがヴァレンティナとよりを戻そうとしていますから、三角関係がもつれてヴァレンティナやレミに何か起こりそうです。

マリソルは、ニコラスから、ダリアが浮気をしていたことを聞かされます。

ダリアは誰と浮気していたのか。

ニコラスがマリソルに対して言葉遣いが乱暴になる時があって、キスのされ方にマリソルは引いてしまっていて、ニコラスにはカッとなる性格があります。

ニコラスがマリソルを殺すような性格には見えませんが、もしかするとニコラスには何かまだマリソルが知らない一面があるのかもしれません。

心配なのが、タイと一緒にいるカルメン。

タイは、何をするか分からないところがありそう。

「デビアスなメイドたち」のシーズン2は、三角関係がいろいろ出てきます。

トニーとエヴリンとエイドリアン、あと、ゾイラとパブロとヘレンもいます。

この後の話の人間関係がどうなっていくか、注目していきましょう。

第6話「過去との闘い」
「デビアスなメイドたち」シーズン2第6話「過去との闘い」-ダリアの秘密とは

「デビアスなメイドたち」シーズン2ネタバレ!内容感想まとめ
出典:

スポンサーリンク