「デビアスなメイドたち」シーズン2第6話「過去との闘い」-ダリアの秘密とは

スポンサーリンク

じゃあ、1ついい?私が父の法定代理人になって、レジーに資産管理を任せたの。なのに2ヶ月も明細が来ていないと言うルシンダに、伝えますと答えるロージー。

あなたはいい母親になれたはずとルシンダに言ってロージーは出ていく。

カルメン、掃除しないの?と言うタイに、それどころじゃないの。ねえ、英語は得意?詩も勉強した?と聞くカルメン。

今度、クラブで歌うことになったの。でも、英語のオリジナル曲限定なのよ。実は、私英語が母国語じゃないのとカルメンは言う。

スポンサーリンク

悪いけど、詩も歌詞も苦手だよと言うタイに、でも、いつもノートに書いていると言うカルメン。

セラピー用に僕の気分を書いているんだとタイは言う。

夢をかなえるために曲を仕上げなきゃと言うカルメンに、じゃあ、僕が掃除をしようか?とタイは言う。

今夜はキレイだとロージーに言うレジー。

ルシンダ様が手伝ってくれたんですと言うロージーに、何か頼まれた?とレジーは聞く。

資産管理の明細が欲しいと伝えてと言うロージー。

忙しいと伝えたはずだとレジーは言う。

優しくしてあげて。彼女は昔、泣く泣く赤ちゃんを養子にとロージーは言う。

娘さんを捜しますと言うロージーに、ルシンダのツラい過去を蒸し返せば、叔父への怒りが再熱するとレジーは言う。

いいえ、我が子を胸に抱けば、幸せで、他はどうでもよくなります。

養子に出した時の書類があるはずだから、確認しようとレジーは言う。

青果市場で食材を探しているパビエルに、シェフなのに黙っていたのと言うゾイラ。

セラーノを入れてあなたのレシピで作ってみたと言うゾイラに、ウマくて驚いた?と言うパビエル。

それが、全然ダメ。

私のチラキレスよ。

わざわざ僕に食べさせに?

食べて、何か学べるかもよとゾイラは言う。

ウソだろ。

スポンサーリンク

オレガノにコリアンダー。あとは?

オレガノ (Oregano Origanum vulgare) はシソ科の多年草。ヨーロッパの地中海沿岸地方が原産。香辛料として使われる。

オレガノ – Wikipediaより

コリアンダー(coriander、学名:Coriandrum sativum L.)はセリ科の一年草である。

コリアンダー – Wikipediaより

分からない?教えると思う?とゾイラは言う。

至福の味だ。

ナツメグよ。

隠し味はナツメグと言うゾイラ。

ナツメグ(英語:nutmeg、学名:Myristica fragrans)は、ニクズク科の常緑高木の一種である。またはその種子中の仁から作られる香辛料。ナッツメッグ、ナットメグとも。和名はニクズク(肉荳蔲)。

ナツメグ – Wikipediaより

脳の損傷確認で数日は入院ですと言うオーパル。

心配してたのよと言うマリソルに、落下はあなたのせいですからと言うオーパル。

あれは、あなたの不注意でしょとマリソルは言う。

私を驚かせようとダリア様に関する下品な噂を。

ニコラス様に事情を聞かれたら、ウソはつけません。

黙っていてほしいなら、ダリア様について、一切話題にしないでください。死んだからって、名誉は守りたいとオーパルは言う。

分かったわ。ただ、興味があっただけよと言って帰るマリソルに、好奇心は、身を滅ぼしますとオーパルは言う。

ビックリだ。何だと思う?ブラウン大に受かった。繰り上げ合格だとヴァレンティナに言うイーサン。

昨日、奥様に合格は難しいって話したんだ。今晩は空けておけよ。2人でお祝いだとイーサンは言う。

なぜよ。なぜ意地悪なオーパルの着替えを?と言うカルメンに、悪女も裸じゃ退院できないと言うマリソル。

見てよ。このダサい靴。黒いローファーを10足?と言うカルメン。

私が服を詰めたら帰ってと言うマリソルは、引き出しを開けようとするがカギがかかっていて開かない。

中には何が?と言うカルメンに、分からない。知りたがっちゃダメかしら?と言うマリソル。

いいわよ。カギを探す?と言うカルメンに、こじ開けられない?とマリソルは言う。

引き出しをこじ開けるカルメン。

たいした物はないわ。メニューにスカーフに半券、ブロンドの写真と言って引き出しの中身を見るカルメン。

ダリアだわ。

見てよ。たくさんある。ダリアは浮気していたんでしょ。

相手は、彼女よと言ってダリアとくっついて写っている写真をカルメンは見せる。

このページには続きがあります

スポンサーリンク