「デビアスなメイドたち」シーズン2第9話「突然の訪問客」-イーサンとヴァレンティナは結ばれる?

スポンサーリンク

強力してくれなきゃ警察にタレこむ。

もう一軒だけ。それで終わりだ。

もう一軒襲うとしたら、どの家をと言うイーサンに、叔父のスペンスの家だよとタイは言う。

僕は適合しないってとジャンヴィエーヴに言うレミ。

スポンサーリンク

じゃあ、他の誰かから腎臓をもらうわとジャンヴィエーヴは言う。

私も検査をと言うゾイラに、あなたは週末にテキーラを飲み過ぎよ。私は健康な腎臓が欲しいのと言うジャンヴィエーヴ。

アンリ叔父さんには?

親戚の誰にも知られたくないわ。言わないと約束して。

分かったと言うレミ。

大丈夫よ。食べ物と同じように水分も我慢できるわと言ってジャンヴィエーヴは歩いていく。

アンリの番号をとレミに言うゾイラ。

言わないと約束したと言うレミに私はしてませんとゾイラは言う。

携帯をゾイラに渡すレミ。

新しいヘルパーの面接をするマリソル。

モリーです。

前の雇い主は、私を毒舌でうるさいと。

面白いつもりですが、彼女気難しくて。

愉快な人ね。笑わせてくれる人は大歓迎だわ。今までいたメイドは意地悪でね。よく蹴りたくなったとマリソルは言う。

私の履歴書と紹介状です。

正直に言います。ぜひ働きたいです。いい人そうだし服もステキ。質問があればどうぞと言うモリー。

そうね。1つ質問があるわ。いつから働ける?と言うマリソル。

ニコラスが車にはねられたわ。あとでお花を届けましょう。マリソルはバラアレルギーだからバラがいいわねとエイドリアンに話すエヴリン。

スポンサーリンク

トニーと寝てるだろ?とエイドリアンは言う。

だから?と言うエヴリンに、すぐにやめるんだと言うエイドリアン。

イヤよ。彼といると幸せなの。幸せでいたい。

なぜトニーは、君と?

私みたいな男だけが、君みたいな女に惚れるんだとエイドリアンは言う。

半期に一度のクリアランスセールと言っているケネスを上手ですとほめるロージー。

歩いてきたディディに、チラシで話す練習をしているんだとレジーは言う。

あなたの荷物がルシンダの部屋に。うちに住むの?と言うディディに、家の改装中だけねとレジーは言う。

本当に?アルシアがあなたは引っ越したと。

彼女の出まかせだ。

ウソはつかない子よと言うディディ。

電話に出たロージーは、サンダース先生からですとディディに言う。

主人は回復しているので、往診は必要ないのと言って電話を切るディディ。

何でもないわ。あとでねと言って歩いていこうとするディディに、もう会わないとと小声でロージーは言う。

その話はあとでと言ってディディは歩いていく。

あとで必ずと言うロージー。

浮気をバラした?と言うトニーに、主人に聞かれたから白状したのよとエヴリンは言う。

今夜はドアを開けて愛し合いましょう。私がイク声を主人に聞かせるの。

冗談よ。固まらないで。

すみません。ただ…旦那様にバラすとは…と言うトニーを抱きしめるエヴリン。

説得にきた。もう強盗はムリだとイーサンはタイに言う。

今、やめたら警察に言うぞ。

タイ、俺たちは友達だろ。ジェイソンはイェール大学、カーターはインターンが決まり、俺には運命の出会いが。

人生これからだ。ぶち壊すな。

僕の人生はいつ始まるんだ?

このページには続きがあります

スポンサーリンク