ショートコードをサイドバーのウィジェットで使えるようにする

WordPressのサイドバーでショートコードを使えるようにしておきましょう。

サイドバーのウィジェットは、そのままだとショートコードが使えません(2016年9月7日時点)※。

なので、ウィジェットでショートコードが使えるように、functions.php※にコードを追加する必要があります。

サイドバーのウィジェットでショートコードを使えるようにするコード

add_filter( 'widget_text', 'shortcode_unautop' );
add_filter( 'widget_text', 'do_shortcode' );

WordPress Codexによると、最初の行のコードも重要とのことなので、2行ともfunctions.phpに追加します。

これで、サイドバーのウィジェットでも、ショートコードが使えるようになりました。

めでたしめでたし。

※本文の記事には、functions.phpに関数を追加すればそのままショートコードが使えます。実際に、自分でfunctions.phpに関数を追加し記事にショートコードを埋め込んで試してみたら、記事内はショートコードが普通に動きました。

※functions.phpは、子テーマで触った方がいいです。
子テーマの作り方は、

子テーマでテーマを編集していけばアップデートの時も安心


を読んでみてください。


参考ページ:

Googleウェブマスターツールでアクセス状況をチェック!毎日少しずつ見る

    自分のサイトがどんな具合かを見るのに役に立つのが、

    Google Webmasters – Support, Learn, Connect & Search Console – Google

    です。

    といっても、まだ私は全然使いこなせていませんが、へーというような部分があるのでコツコツ見るようにしていくといい。

    今日、私がチェックしておこうと思ったのが、どういうキーワードでサイトに人が来ているのか。

    自分でも、サイトにアクセス解析は入れてあって、キーワードが何で来ているかというのは見えているのですが、埋もれているキーワードを知るのに役に立ちます。

    ということで、さっそく、その場所へ。

    ここですね。

    screenshot_9_8_16__11_15_am_1

    そうそう、このキーワードチェックやGoogle ウェブマスターツールはじっくり見ていてもよく分かりません。

    なので、ちょくちょく見ていくことにしましょう。

    普通のアクセス解析も、じっくり見ていてもたいした感動というものはありません。

    感動よりもがっかりすることが多いですから見過ぎは禁物。

    毎日5分くらい、コツコツチェックしていくことが大事です。

気になる記事はPocketで保存!スマホやPCで楽々見直し

Pocketを使うと、気になるネットで見つけた記事を気軽にブックマークできます。

このPocketのいいところは、スマホやPCで、あとから見直しができるところ。

私はMacを使っているので、さっそくMacのChromeで、PocketのBookmarkletを使えるようにしましょう。

(Bookmarkletとは、ワンクリックでやりたいことを操作してくれるボタンのようなブックマークのようなもの。習うより慣れよ。詳しくは、ググってください)

Pocket__How_to_Save1

Pocket Bookmarklet設置

Pocket: How to Saveへいくと、‘Connect Now’のボタンがあります。
Pocket__How_to_Save

‘Add extension’で追加します。
Pocket__How_to_Save2

‘Sign Up’か‘Log in’すると、
Pocket__Sign_Up

右上にPocketのボタンができて、スマホでPocketへ共有した記事がMacでも見られるようになりました。
Pocket__My_List

試しに、Yahoo!の記事をPocketに保存してみます。

pocket1

Pocketに保存した記事を見るには、controlを押しながらPocketボタンをクリック
‘Open Pocket’で、Pocketに保存した記事を見ることができます。

Open_Pocket

Pocket__My_List2

スマホにもPocketのアプリを入れておけば、Macで保存した記事が読めるようになっています。

September 4, 2016 93550 PM GMT+0900

各デバイス用アプリをインストール

Pocket: How to Saveから、各デバイス用のアプリをインストールしましょう。

これで、いつでも気になる記事をスマホやMacなど色々なデバイスで、楽々チェックし直すことができますね♬


参考ページ:

まぐまぐ!メルマガ画像をフェイスブックに大画像でシェア

まぐまぐ!のメルマガをフェイスブックでシェアする時に、画像を自分のメルマガ用に変えて大きな画像でシェアしたいなと思う時があります。

フェイスブックのタイムラインに流れる場合に、アイキャッチの画像はとても大事です。

表紙画像を変えていない場合、まぐまぐ!のメルマガをフェイスブックでシェアしようとすると、まぐまぐ!のデフォルト表紙画像が表示されます。

まぐまぐ!のデフォルト表紙画像
一日一読_小さな成長メルマガ
フェイスブックでシェアしようとすると、まぐまぐ!のデフォルト表紙画像がそのまま表示される。
Facebook_and_s115_jp

iPhoneからシェアする場合はこんな感じ。
IMG_0464

これを、表紙画像を変えて。
画像が縮んで表示されるところは、少し気にはなりますが、
実際のメルマガの表示:一日一読 小さな成長メルマガ
一日一読_小さな成長メルマガ

フェイスブックにシェアしようとする時には変更した画像が表示されて
Facebook
iPhoneからシェアしようとする時にはこんなふうに見えて
IMG_0465

実際にタイムラインにシェアした時は、このように
s115_jp

大きく目立って画像が表示されるように設定を変えてみましょう。

まぐまぐ!のメルマガ表紙画像の変更

さっそく、まぐまぐ!のメルマガ表紙画像を変更したいところですが、その前に、フェイスブックのシェアボタンを押してみて、まぐまぐ!のデフォルト画像が表示されることをご自身でもチェックしておきましょう。

事前にチェックしておくと、この後の画像反映がどんな感じでされていくかがイメージしやすくなります。

シェアボタンを押して、まぐまぐ!のデフォルト画像が出てくることを確認したら、まぐまぐ!の「メルマガ基本情報の変更」ページへ行って画像を変更していきましょう。

表紙画像の変更

おなじみのメルマガを発行するページの下のほうに「メルマガ基本情報の変更」というところがあります。

メルマガの配送・管理_-_まぐまぐ!マイページ

「メルマガ基本情報の変更」の中に入るとメルマガの表紙画像を変える項目があるので、表示したい画像をアップします。

1200×630ピクセル以上をアップ

アップする画像は、500KBまでで、できれば1200×630ピクセル以上の大きさの画像を用意しましょう。

Facebook Content Sharing Best Practicesによると、フェイスブックでは、1200×630ピクセル以上の大きさの画像を推奨しています(2015年7月1日現在)。

600×315ピクセルより小さいと、タイムラインの表示画像が小さくなります。

また、下限は200×200ピクセルですので、アップする画像の大きさには注意が必要です。

1600×1200ピクセルでもアップできた

まぐまぐ!の設定画面には、「70×100ピクセル 500KBまで」と書かれていますが、試してみたところ、500KBよりも大きいファイルはアップできませんでしたが、サイズは1600×1200ピクセルでもアップすることができました。

ただし、メルマガの表紙画像は、最初に紹介したイメージ画像のように縮められて表示されますのでご注意を

アップしたら、「メルマガ基本情報の変更」を最後まで進めて、変更を完了させましょう。

1日待つ

まぐまぐ!の設定変更は1日1回なので、1日待ちます。

翌日になって、個別ページの表紙画像が変わっているのが確認できたら、ここで、一度、フェイスブックのシェアボタンを押してみましょう。

そうすると、まだ、まぐまぐ!のデフォルトの表紙画像のままだと思います。

シェアする画像の変更

いよいよフェイスブックでシェアする時の画像を変更していきます。

フェイスブックは、画像をキャッシュしているので、キャッシュをクリアして、画像を更新してあげる必要があります。

キャッシュをクリアしにいく前に、自身のメルマガの個別ページのURLをコピーしておきます。

私のメルマガ「一日一読 小さな成長メルマガ」の場合、個別ページのURLは、http://www.mag2.com/m/M0087613.htmlなので、このURLをコピーして、

フェイスブックのDebugger(英語)へ行きます。

先ほどのコピーしたURLを枠の中でペーストして、Debugボタンを押します。
Debugger

そうすると、画面が切り替わって、そのまま下までいくと、見覚えのあるまぐまぐ!のデフォルト画像が表示されていると思います。

Object_Debugger

上に戻って、「Fetch new scrape information」を1回押します。

Object_Debugger

もう一度、下へ行ってみると、「og:image」のイメージが変わっているはずです。

Object_Debugger

上へ戻って、もう1回「Fetch new scrape information」を押して、
Object_Debugger

下へ行くと、

きました!

「When shared, this is what will be included」にシェアした時のイメージが表示されましたね。

Object_Debugger

もし、うまく画像が表示されない場合は、おそらく画像が小さいんだと思います。

先ほどのフェイスブックのDebugger(英語)ページでエラーメッセージをチェックしてみてください。

シェアしてみる

実際に、シェアボタンを押してみます。

PCからだとこのように
Facebook

iPhoneからだと
IMG_0465
このように、無事画像が反映しています。

実際のフェイスブックタイムライン

実際にフェイスブックでシェアしてみると、ちゃんと大きな画像で、タイムラインに表示してくれました。
画像が大きいと目立ちますね。
s115_jp
私のFacebookページへ行ってもらって見ていただくと、大きな画像でタイムラインに表示されているのが分かると思います。

小さな画像の記事よりも、すごくいい感じで表示されています。

ぜひ、まぐまぐ!でメルマガを配信されている方は、フェイスブックへシェアする時の表示画像を大きく目立つようにして、メルマガの読者数アップに役立ててくださいね。

メルマガ購読・解除